フィリピン航空で南の島に帰ります

マニラ旅行記の続きです。

2泊3日のマニラ滞在を終え南の島に帰ります。
フライトは往路と同じフィリピン航空。
Uberでヘリテージホテルからニノイ・アキノ国際空港第2ターミナルに向かいます。
この空港、ターミナルが1から3、そして国内線ターミナルと別れていますが、ターミナル間の移動がとーーーーっても不便なので要注意です。
成田とか羽田だとシャトルバスですぐターミナル移動できますが、この空港はターミナルを出た途端に渋滞に巻き込まれる可能性があるので、1時間とかかかることもあります。
シャトルバスもあるようですが、バスにしろ、タクシーにしろ、時間がよめません。
フィリピン航空同士で乗り継ぐ場合は空港敷地内を通るため渋滞リスクのないシャトルバスがあるはずですが、残念ながら俺はフィリピン国内線に乗り継いだことないのでまだ利用したことありません。
フィリピン航空の国際線はターミナル2を専門ターミナルとして使用しているので、国際線同士で乗り継ぐ限りはターミナル移動必要ないんです。
あ、以前フィリピン航空のターミナル2からマレーシア航空のターミナル1に乗り継ごうとしたらフライトが遅れてマニラで立ち往生しましたね。
乗り継ぎはフィリピン航空同士がいいですね。
そんなわけで、ターミナル2です。
タクシーやUberでマニラ市内で向かう時も間違えて他のターミナルで降ろされちゃうとめんどくさいことになるので気をつけてくださいね。
マニラはどこも保安検査が厳重ですが、この空港も例に漏れず、空港の入口で金属探知機通らされます。
チェックイン後にも制限エリアに入るための保安検査。
アメリカ便は搭乗前にも保安検査。
合計3回も保安検査受けることにになります。
チェックインカウンターはガラガラでした。
しかし制限エリアは意外と混んでた。
この時間は中東便とアメリカ便が集中しているみたい。
俺の乗る南の島行きの便は使用機到着遅れで1時間弱遅れての出発です。
座席は最初前の方の座席でしたが、離陸前に足元が広い非常口座席に移ったので広々快適。
ちなみにフィリピン航空は、前方座席も非常口座席も有料になります。
深夜便だったので機内食は断り、アイスクリームだけもらいあとは熟睡。
アボカドアイス。うまかったから2個もらいましたよ。
エコノミーの近距離、中距離路線でもアイスクリーム出してくれるエアラインは好印象。
降り際クルーに「あなた、ずっと寝てたね」って笑われました。
よほどマヌケな寝顔をさらしてたかな?
だって、朝5時に着いて、9時から仕事だから。機内で寝とかないと。
はい、南の島ただいま。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA