ちんこ触られたり、勃起ちんこ見たり。

前回の続きです。
今回、下半身の話が出てきますのでご注意を。笑
前のブログで書いた通り、今回の一時帰国の目的は皮膚科通院です。
1年間ずっと皮膚トラブル抱えてて。
大病院で検査してほしくて、大阪市立大学附属病院へ。
さすが大病院。初診受付の30分前に手続きしたのに、待ちに待ってトータル4時間かかりました。
診察も「さんざん待ったのにこれだけっ?」って病院と違って、ちゃんと丁寧にしてくれたけどね。
「股間も見せてください」と言われ、診察室でまさかのチンコ晒すことに。
女医さんに手袋で触られちった。笑 
ステロイドの処方箋もらって診察終了。
とりあえず肌に菌もダニもいないし、ひとにうつるような病気じゃないとのこと。
南の島に引っ越して環境や食生活が変わったせいなのかなぁ。
いつか日本に帰ったら治るのだろうか。
診察を終えたら、スパワールドへ。
ひとにうつる病気じゃないことわかったので、お風呂入ります。
スパワールド初めてきたけど、立派だねぇ。
おやじ風呂後自撮り。
中学生ぐらいの男子グループがいたんだけど、1人、明らかにちんこ勃起しているんだけど。。
どういうこと?
しかも、同じグループの男子たち誰も気にしてないし。
中学生ぐらいってちんこ大好きですぐネタにして笑ってなかったっけ?
今時の男子はちんこに対してクールなのか。
たまーに、勃起してなくても角度的にちんこがたってるように見えちゃう人いるよね。
この子もそれなのかな?
いや、でもあの角度は勃起だよなぁ。
中学生のちんこをマジマジ観察する変態性は持ち合わせていないので真実解明はできませんでした。
必要もないか。
さて、一時帰国記、次回に続きます。

3 Replies to “ちんこ触られたり、勃起ちんこ見たり。”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA