リッツ・カールトン大阪、エグゼクティブスイート宿泊記!

さーやってきましたー、大阪。

今回、予告していた通りお得にたった約2万円でリッツ・カールトン大阪に宿泊です。
リッツ・カールトン、泊まってみたいとは昔から思っていたけど、俺の地元の名古屋にはないし、南の島にもないし、なかなかチャンスなくてねぇ。
名古屋は、ANAクラウンプラザ・グランコート名古屋が実はもともとはリッツ・カールトンが入居する予定だった、とも聞くけど。
確かにロビーの雰囲気とか、こじんまりとしていてアットホームでリッツ・カールトンっぽいかも。
ともあれ、そんなわけで初リッツ・カールトンです。
敷地に入った途端、20-30メートル先のエントランスからコート着たベル?ドア?のお兄さんがダッシュしてきました。
あまりにダッシュだから、お客さんの忘れ物でも持って追いかけてるのかなと思ったら、俺の荷物を手伝うために俺に駆けつけてくれていました。
まさに「駆けつける」ってこのことだなぁと思うぐらいの見事なダッシュ。
ありがたい。
名前を聞かれたので名乗ると、インカムでフロントにこっそり伝えてくれ、フロントに着いた時には「いらっしゃいませ、○○様」と名前で出迎えてくれました。
フロントのお姉さんも笑顔と会話を絶やさず、感じよかった。
そして、うれしい一言。
「ゴールド会員様ですので、スイートルームにアップグレードさせていただきました」
やったーーーーっ!!!
初リッツでスイート。2万円しか払ってないのにスイート。笑
ほんと、マリオットゴールドはSPGゴールドより威力あるな。
それでも、リッツ・カールトンでのアップグレードは「スイートルームを除いた上位客室へのアップ」って聞いていたのですが、ラッキーラッキー。
スイートルームへのアップグレードは、マカオのJWマリオット以来だね。
スイートはね、広くて快適ですごくうれしくて、でも、一人寝が少し寂しくなるんよね。笑
さて、では客室です。
入ると、まず広がるロビーエリア。
きれいな色のカウチ。
テレビは隠されてます。
そして、隣の部屋が寝室。
反対から見ると、、、
おっしゃれー。
これ、角部屋??
部屋タイプ見たら、スイートの中で一番下のジュニアスイートではなく、エグゼクティブスイートだった。
あぁ、これこれ。
この特別感がほしくてホテルやエアラインのステータス追い求めてんだよ。笑
夜がまたムーディーでさぁ。
誰かと寝たかった。笑
友達と酒飲んでたから、そっこー一人寝したわ。笑
あ、夜帰ってきた時にはちゃんたターンダウンされてました。当たり前だけど。
さっきまで閉じてたテレビも開けてあった。
枕元にはチョコレートとペットボトルの水。
水はターンダウンの時の追加の1本含めると5本も置いてあった。
お茶周りも充実してるね。
シャワールーム。
浴槽は使いませんでした。
ターンダウンの時に、使ったタオルは新しくかえてくれてました。
アメニティーはAspreyとリッツオリジナルロゴのもの。
Aspreyは高級ブランドだけど、個人的には、ESPAのアメニティーいれてあったらうれしかったな。
ここのスパ、ESPAスパだからさ。
でも、どうやらリッツ・カールトンは世界的にAspreyを入れているみたいですね。
前回行ったここのスパにまた行こうかなと思ったけど、時間がなくて断念。
あまり長い時間部屋で過ごさなかったけど、部屋も、スタッフの対応もさすがのレベルでした。
このレベルの高級ホテル、名古屋にもできてくれないかなぁ。
名古屋にある高級ホテルって、例えば名古屋マリオットアソシアがあるけど、マリオットグループの最高峰はマリオットではなくJWマリオットやリッツ・カールトンだし、ANAクラウンプラザあるけどIHGグループ最高峰インターコンチネンタルはないし、ウェスティンあるけどSPGグループでさらに上のセントレジスやWホテルはないし、ヒルトンあるけどヒルトン最高峰のコンラッドはないし。
グローバルブランドの最高峰ホテルがないんだよね。
今後に期待してます。
今名古屋で一番高級なのはたぶんマリオットなので、ぜひマリオット超えのホテルを!!!
あ、次回はその名古屋のマリオットホテル宿泊記です。

4 Replies to “リッツ・カールトン大阪、エグゼクティブスイート宿泊記!”

  1. こんにちはー。すっかり恒例となった帰国レポートですね。
    毎回毎回ネタが尽きないのにはブロガー魂を感じます(^^)/
    帰国が近付いている頃に体調激ワルだったので、今回は帰国を見送るのでは?と心配してましたが、無事に回復されて何よりです。
    今回はビジネスだとかスイートだので、リッチ旅行ですよね。
    リッツカールトンなんてあまりにも縁が無さすぎで、私なんかだとスタンダードルームでも有難すぎてひれ伏してしまいます。
    でも遊己さんはスイートだもんな~。ああ、超うらやま。
    睡眠時間が勿体ないくらいの贅沢さですよね。私だったら頑張って起きているかもしれません(笑)
    あ、ちなみにアメニティは全部頂いて帰ります!(^^ゞ←遊己さんはどうしました?珍しくもないのでそのまま放置ですかね?
    お恥ずかしながら、この記事を読むまで「ターンダウン」って単語すら聞いた事がありませんでした。
    そういえば、以前ツアーでヨーロッパに行った際、夕飯から帰って来た時にベッドカバーがめくれていたので「えっ!部屋が荒らされた!?ドロボー!」と焦った経験がありましたっけ(;^ω^)
    でも、今はBグレードにしか泊まらないので、そんなサービスとはすっかり関係なく‥(遠い目)
    名古屋のマリオットは今回には及ばないかもしれませんが、でもそれなりに期待出来そうですね。
    レポート楽しみにしています(^^♪

  2. 頻繁な帰国に立派な病院に通院されてる所から見るとメンタル系かゲイに顕著な病気の薬の処方のための通院と察します。無理せずにお過ごし下さいね

  3. いつもコメントありがとうございます。
    そうそう、今回は直前まで胃腸風邪でダウンしてたから、帰国できるか不安でした。
    でもフライトもホテルも予約キャンセルできなかったんで、根性で治しました。笑
    間に合ってよかった。
    今回は初めてのリッツ・カールトンでとても快適に過ごせました。
    といっても、部屋にいたの、ほぼ寝ている間だけだけど。
    もっと時間のある時なら、のんびりホテルステイもいいんですけどね。
    一泊だから、友達とご飯行ったり、病院行ったり忙しくて。
    ターンダウンは、してくれるホテルとしてくれないとこがありますよね。
    ちなみに名古屋のマリオットはしてくれませんでした。
    昔、スイートに泊まった時はしてくれたから、一定グレード以上の部屋だけなんでしょうね。
    マリオット宿泊記ちょうどアップしたので見てみてくださいねー。

  4. コメントありがとうございます。
    メンタルでもHIVとかでもなく、アトピー性皮膚炎で通院しています。
    なので、まぁ命には関わらないし元気は元気です。
    これまで街の皮膚科にたくさん通ったけど、どこも治してくれなくて。。。
    ステロイド塗り続けてるんで、早く回復してくれないと副作用が心配なんですよね。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA