アメリカで歯医者に行くことに(前編)

海外で歯医者って、やばいイメージありますよね。

何がって?もちろん、費用が。

オーストラリアやイギリスに留学した時から「留学先で歯医者にかかると高額になる可能性が高いから、虫歯は必ず出国前に治療しておけ」といろんな留学案内本やウェブサイトに書いてありました。

それに、海外で歯医者って、それ自体もなんとなく怖いですよね。

言葉が通じない不安、痛いかもしれないって不安。

いや、そもそも日本国内でも歯医者怖いし。笑

なので、これまで海外では一度も歯医者のお世話にならずに過ごしてきました。

が!

ついに逃れられない日が来てしまいました。

ここグアムで歯医者にかかる日が。

グアムはアメリカの一部。アメリカの歯科治療は特に高額だと脅されていますが、さて、どうなのか?!


まず経緯を話しましょうか。

この前日本に帰った時に東京で歯医者に行ったんですよ。

歯のクリーニングしてもらいに。

そうしたら虫歯が2本見つかって、しかもそのうち1本が親知らずだったんです。

右下の親知らずなんだけど、この歯は斜めに生えていて隣の歯に悪さしているしもう抜くしかないと言われました。

ガビーン。

抜く日を決めましょうと言われたけど、俺、今はグアムに住んでいるので日本に帰国しても滞在は数日。

抜歯ってその後出血したり発熱したりすると聞くし、たぶん日本で抜く時間はない。

もう1本の虫歯は別に日本で治してもよかったんだけど、とりあえず次回帰国まで持ち越すことにしてグアムに戻ってきたんです。

で、今度の帰国が12月4日から。

その間に抜くべきか、、、しかし、、、せっかく鍋が美味しい季節なのに抜歯なんかしたら滞在中美味しいもの食えなくなる。

悩みに悩んだ末、グアムで歯医者に行ってみることにしたんです。

日本で美味しいものを食うために!!!


グアムには日本人の歯医者さんがいるらしい。

前からそう聞いていたのでその病院に電話したところ、、、今はグアムを離れていて戻ってくるのは来週以降、と言われてしまいました。

日本で治療するかグアムでするか決めるためにも、とりあえず12月の一時帰国までには一回診察受けておきたい。

仕方ねぇ、、、。

俺も男だ。勇気を振り絞って日本人のいない完全地元の歯医者に電話をしました。

決死の覚悟で予約。(大げさ)

そしてその予約日が今日。11月28日だったのです。


果たしてグアムの歯医者はどんなところだったのか?費用はいくらか?遊己は生きて帰れたのか?

次回「アメリカで歯医者にいくことに」後編をお楽しみに。

にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ

にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA