アメリカ版Curel

前から書いてますが、俺、アトピー肌です。

ステロイド塗っておさえてるけど、ひどくなるとかゆくてけっこーつらいんよー。

俺みたいなアトピーの人にとって手放せないのは保湿剤。

皮膚科でよく処方されるのはヒルドイドですね。

これ。

左がヒルドイドのクリーム。

右はヒルドイドのジェネリックです。

無色のローションタイプだから顔に使いやすいんですよね。

でも、このヒルドイド、いっとき美容目的で保険使って乱用されていると大きなニュースになり、それ以来どこの皮膚科行っても処方してくれる量が制限されるようになってしまいました。

それまでは、海外に住んでるから多めにくださいって言うとたくさん出してくれたのに。。。

そんなわけで、ついに手元のヒルドイドがきれてしまいました〜。

悲しい。

こうなった以上はアメリカ(グアム)で手にはいる保湿剤を探すしかない。

全身にがんがん使うからあまり高くないやつで。

ってことで探していたら見つかりました。

これ。

キュレル。

あれ?聞いた事あるなーと思って裏面見たら、販売もと花王じゃん。

デザインが違うから一瞬気が付かなったけど、日本のドラッグストアでよく売ってる水色のキャップのCurelか。

そういえばまだアトピーになる前だったけど、日本でクリームたまに使ってたな。

さらっとしてる質感が好きで。

いまも手元に日本で買ってきたリップだけありました。

これね。

日本のメーカーのなら安心。

そう思って、さっそく買って使っています。

384ml入りのこのボトルで10ドルちょっと、1500円ぐらいでした。

日本のCurelははからだ用のローションは使ったことないから比べられないけど、けっこーいい感じです。

しっかり保湿してくれるけどしつこいベタッこさはなくて。

よかった。いい保湿クリームが見つかって。

ヒルドイドがきれている間は、これでつなぐことにします。

にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA