空港から電車とバスでテルアビブ市内へ

イスラエル入国!

空港の中に超正統派ユダヤ教の黒コートの人たちがたくさん歩いています。

ここから、とりあえず宿泊先に向かいます。

ところで、イスラエルってすごく物価高いんですよね。

驚いた。

ホテルも、ヒルトンとか高級ホテルに泊まろうとすると1泊4万とか5万とかします!

東京より高いやん!

ここでいつもなら「じゃAirbnbにするか」となるんですが、ビビりの俺は「イスラエルで民泊は怖いよな」となり、却下。

で、結局は新しくてきれいなホステルの個室を取ることにしました。

そのホステルの名前はThe Spot。

なかなかきれいだよね?

このホステルについてはまた別に書きますが、まず空港からそのホステルに向かいます。

Google Mapを見ると、一番楽なのは445番のバスに乗ることみたい。

1時間ぐらいで乗り継ぎなしで移動できます。

しかし、バス乗り場がわからない。。。

とりあえずターミナルの外に出て掃除をしていたおじちゃんに画面を見せて、バスのチケット売り場を聞きます。

すると、チケット売り場を案内してくれました。

よかった。

ここでまたGoogle Mapの画面を見せて、445のバスに乗りたい、と伝えました。

が!

なぜか、売られたのは電車のチケット。

「え?バスに乗りたいんだけど、、、」と聞きましたが、「電車で行けるから、このチケットでプラットフォームに行きなさい」と言われてしまいました。

あ、英語ですよ、もちろん。ユダヤ語わからないんで。

このチケットがさー、ユダヤ語だけで表記されてて読めないんだなぁ。

電光掲示板は英語表記もあるのですが、聞いたことない地名ばかりでどれに乗ればいいのかわからない。。。

間違えて、エルサレム行きの電車に乗っちゃいそうになりました。

でも「なんか違う!」と勘が働き、その電車に乗るのはやめて、改めて駅員さんに乗る電車を確認。

結局、次の電車がテルアビブ中心地行きでした。

電車、きたー。

なんか貨物列車のような渋い色。

乗る時うっかり前のユダヤ教徒の服を着たおじさんにスーツケースが当たってしまい、怒られた。

思いっきり腹を押され、ユダヤ語でなんかまくしたてられてドン引き。怖い。

なのでこの先少しテンション落ちて、電車内や車窓の写真を撮り忘れました。

残念。

あともう一つ残念なのは、バスならホステル周辺まで乗り継ぎなく行けたのですが、電車内で再度Google Mapで調べたところ、この電車だとテルアビブ中心地の駅で降りて、結局そこからバスに乗り換えなきゃ行けないとわかったことです。

なんだよぉ。知らない街でスーツケースひいて乗り継ぎとか嫌なのに。

後日調べたところによると、これまで空港とテルアビブ市内をつなぐバスがなかったのが、今年から445番のサービスが始まった、ということでした。

なので、まだ新しくて知られていないのかも。

しかし電車に乗ってから嘆いても仕方ないので、とりあえずテルアビブ市内で降車し、バス停へ。

っと、その前に駅内でRavKavカードを購入。

これはSuicaのような交通ICカードです。

バスは電車と違って現金で乗ろうとすると支払い方が難しいので、ICカードがあるとだいぶ便利。

これで、バスに乗車します。

バス車内は特に変わったことはないけど、少しドライバーの運転が荒いです。

もー。初イスラエルでこっちはビビってんだから安全運転してくれよ。

って言っても通じないし仕方ないけどさ。

はい、そして20分ほどのバス移動で、やっとホステル周辺に到着しました。

こんな景色。

あーなんかいいね。異国感。

ここから歩いて5分ほどでホステルです。

ってことで、宿泊記に続きます。

にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA