虎ノ門ヒルズのAndaz東京宿泊記(3)客室

虎ノ門ヒルズにあるアンダーズ東京宿泊記の続きです。

ロビーは51階でしたが、アサインされた客室は50階。

ロビーから客室に向かうのに下に降りるって少し混乱するよね。

何度か「あれ?」ってなった。

はい、客室はこちらです。

ドアを開けると、、、

ベッドは奥にあるのでまだ見えません。

まずは手前に見えてるバスルームから紹介しますね。

まん丸いバスタブ。珍しい

バスタブの外に洗い場がある日本式のバスルームでした。

アメニティは特にハイブランドのものではなくシンプル。

あ、でも雪肌精のスキンケアがあるのはいいよね。

歯ブラシとかはパズルのようにピタっと箱におさめられていました。

最近流行ってるのかちょくちょく見かけますね、このスタイル。

洗面台は1枚板でした。オシャレー。

奥がトイレ、手前がウォークスルークローゼットです。

トイレはシンプル。

客室は50㎡ありますが、半分は水回りとクローゼットにとられてます。

ほら。

とにかく広い。

ではベッドルームのほうに進みましょう。

最近の高級ホテルって窓際にながーいソファーがあるよね。

ソファー前には木のテーブルとデスク。

デスクは俺には少し高くて使いづらかったけど、テーブルはすごい使いやすかった。

マカロンとウエルカムレターが置かれていました。

マカロンってそんなに好きなわけじゃないんだけどうまかった。

無料で楽しめるのはマカロンだけじゃなくて冷蔵庫の中のドリンクもそうです。

通常はソフトドリンクは無料で酒類は有料なんですが、この時はコロナ対策でロビーラウンジでの酒類提供が停止されていたかわりにビールとハイボールも無料でした。

3泊中もちろん毎日部屋の掃除の時に新しく補充してくれたので、部屋で飲むドリンクはこれだけで十分でした。

さて。話を客室に戻します。

ソファーに座ってベッドを見るとこんな感じ。

部屋の広さに対して少しテレビは小さく感じるかな。

42インチだから特段小さいわけじゃないんだけど、部屋が広いぶん感覚的にね。

ソファーから窓のほうを見ると、こんな景色。

って、曇ってるー!笑

チェックインした日は残念ながらこんな眺めでしたが、翌日、ちゃんと景色楽しめましたよ。

ほら。

特に夜景が最高でした。

次回は朝食とルームサービスについて紹介します。

にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へにほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA