大判焼きはおばあちゃんとの思い出

大判焼きが好き。
画像1
御座候の大判焼き。
食べるとなんだかおばあちゃんを思い出します。
今は足が弱って長い距離は歩けなくなってしまったおばあちゃん(父がた)だけど、昔は1人で名古屋まで買い物に出たりしていて、そんな時おばあちゃんが必ず買ってきてくれるお土産が御座候の大判焼きだったんです。
赤あんと白あんがあるけど、俺が赤あんが好きなので、おばあちゃんはいつも赤あんのほうを多めに買ってきてくれていました。
画像1
大人になった今、スイーツの選択肢は無限にあるけれど、それでも時々大判焼きが食べたくなるのは、それが好きだからというだけでなく、毎日おばあちゃんと過ごした子ども時代への郷愁がきっとあると思うのでした。
画像1

クリックをお願いします。↓
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA