ロンドン塔とタワーブリッジ

今日は、ロンドン塔に行ってきました。
歴史好きなら、一度は憧れるロンドン塔。
なんだかミステリアスな響き、ロンドン塔。
画像1
入場料は21ポンド。あと、4ポンドで日本語の音声ガイド借りました。
エントランス入ってすぐのところに、昔の入口があります。
画像1
ここを通って、あの、アンブーリンらも塔内に幽閉されたのか。
ロンドン塔は、幽閉の場であるだけでなく要塞であり、また王の居城。
入口の横では、このように兵士が弓矢で護衛していたそうです。
画像1
そこは外壁であり、そのすぐ内側には内壁があります。しっかりとした鉄格子で内壁も護られています。
画像1
ちなみに、上はこうなっています。
画像1
各塔には名前が付いており、この鉄格子が付いている塔はBloody Tower。
その中にそびえる一番大きな塔が、White Towerです。
画像1
画像1
その前にたっている石壁は、Wardrobe Tower。
画像1
かつては本当にワードローブとして使われた塔があったそうですが、残念ながら崩れています。
そしてこの、オシャレな建物はGreen Tower。
画像1
画像1
アンブーリンが最期の時を過ごした場所。
ロンドン塔の中で処刑された人はさほど多くないそうですが、その場所は今、ガラスのモニュメントが置かれ、こうなっています。
画像1
囚人(政治的囚人)が幽閉されていた塔内には、その囚人のメッセージが刻まれており、なんだか痛々しい。
画像1
画像1
一方、王が滞在した部屋はこんな感じだったそうです。
画像1
画像1
それにしても、塔内は螺旋階段ばかりで、上り下りがけっこー大変。
画像1
ま、日本の城の、必ず膝を打つ急階段よりはマシですが。
あ、王の甲冑の展示に混じって、なぜか日本の甲冑も展示されていましたよ。
画像1
画像1
一つ一つの展示を細かくは見ずざっとまわったのですが、それでも3時間ぐらいかかりました。
広い、ロンドン塔!
ちなみに、ロンドン塔からはテムズ川にかかるタワーブリッジがよく見えます。
画像1
俺、これがロンドンブリッジだと勘違いしてたよ!笑
これはタワーブリッジなんだね。
画像1
そして、ロンドンオリンピックのオープニングでここをエリザベス女王のヘリが通過したわけや。
画像1
一方、ロンドンブリッジはいたって普通の橋でした。
画像1
タワーブリッジのことをロンドンブリッジだと思ってるの、絶対俺だけじゃないはず!
来週は大英博物館行こうかな。
楽しみ。

にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

2 Replies to “ロンドン塔とタワーブリッジ”

  1. ロンドン塔、二度行きましたぁ。何か自分が帰っていく場所のような気がして…。これから向かう大英博物館もそうですが、なぜか日本の物が多数展示されていることに、島国同士の不思議なつながりを感じます。とにかく展示品が膨大なのでかけ足になりますが、全部見ることよりも心に深く残ったものを一つでも探す方がいいかも…またのレポートをお待ちしております。

  2. > 理星人さん
    エリザベス一世やアンブーリンの映画見て、ロンドン塔はぜひ行きたかった場所だったので、楽しめました!
    思ったほどおどろおどろしくはないことと、広さに驚きました!
    またどこか行ったらブログ書きますね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA