空港から送ったスーツケースのトラブル。。。

前回の続きです。
成田から宅配で愛知に送ったスーツケースについてトラブルが。
このスーツケースの中ですが、今回の休暇中に必要なものというより、南の島で要らなくなって日本に持ち帰る品々が入っています。
会社に辞表出してるので、南の島にいつまでいるかわかりませんし。
そこでスーツケースを愛知の自宅に送り、そこで中身を出して、逆に今度は南の島に持って帰りたいお土産などを入れて再度空港に送る予定でした。
帰りは関西空港からなので、大阪へ。
帰りのフライトは8日の夜。
郵便局いわく前日の7日中には関西空港に届けなくてはいけないので、受付は6日の18時。
しかし、6日の14-16時に配送希望していたスーツケースが届かない。
スーツケースがないと、中身の入れ替えができない。汗
千葉中央郵便局に電話して調べてもらったところ、なんと誤配で他のところに行ってしまった、とのこと。
急いで18時までに間に合わせますと言ってくれましたが、実際届いたのは18時半。
そこから急いで5分で中身を詰め替え、地元の集配郵便局へ。
締め切りの18時は過ぎていましたが、千葉中央郵便局から地元郵便局に電話をしてギリギリまで待つようリクエストしてくれていたので、なんとか19時前に預けられました。
やれやれ。
19時に集配トラックがきてしまうのでそれが本当にリミットと言われていたので、滑り込みセーフです。
ゆうパックの配達時間ってあくまで配達「希望」時間で、この程度の遅れには補償はありませんが、ルールを曲げて待ってくれた地元春日井と千葉の郵便局に感謝。
間に合わなかったら、危うく必要ないでかいスーツケース持って香港往復するところでした。
そうです、南の島に帰る前に愛知から香港に飛び、そこで一泊してから関西空港に戻ってくるのです。
そして関西空港で送ったスーツケースを受け取り、航空会社に預けて南の島へ。
今回は極力スーツケースを持ち歩かないようにしています。
香港往復はLCCだし。
香港旅行記はまた次回にで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA