仕事辞めるの、やめました。

先日、仕事の退職が確定したと報告しました。

最終確定でした。

ところが。
なんと、まさかの、
仕事辞めるの、やめました。
辞めるってのでファイナルだったのに、ぶれやすいなぁ、我ながら。
いつも自分勝手に好き勝手に生きてきたのですが、今回珍しくなかなか決断できなくて、親にも相談して、結果、辞表を撤回しました。

上司には恥をかかせました。
たぶん、俺のために役員陣に頭下げたりしてくれているはず。
それでも「残るって判断してくれてありがとう」と言ってくれるめちゃ優しい上司。
そして、社長やダイレクターも「ここまでお騒がせした以上、必ず会社に貢献できるようがんばります」とお詫びに伺ったところ「そんなにがんばろうと気張らなくていいから。マーケットの都合でどうにもならないこともあるから、それでも私たちはあなたのこと評価してますから」という、信じられないほど優しい言葉をいただきました。
もちろん優しさにただ甘えることなく、めちゃくちゃがんばりますよ、これから。
俺1人の力ではこの1年どうにもならなかったことも多いから、誰の力を借りて仕事を進めるかも考えます。
自分がどこに最も力を入れるべきか、それ以外のところはどうやって誰にサポートしてもらうのか。
マネージャーの俺が1人気張ってても自分が疲弊するだけで、何もうまく動かないことはこの1年で学びました。
これからは、まず組織をどう活用するかを考え、かたちにすることに時間を使いたいと思います。
辞表を撤回する以上、上司や社長や役員のみなさんに俺を慰留してくれたことを後悔させないよう、これまで以上のパフォーマンスをみせられるよう、がんばります。
お騒がせいたしました。

15 Replies to “仕事辞めるの、やめました。”

  1. 良かったです!
    ずっとブログを読ませていただいていたんですが。
    今回は、辞めて欲しくないなぁ…。と(勝手にですけど)思っていたので。
    心機一転、頑張って下さい(^^)v
    いや、上司の方が仰るように。頑張り過ぎはいけませんねw
    遊己さんペースで、そこそこくらいで(笑)


  2. ちょっといい加減すぎるかな。
    社会人としては失格。
    いい顔していても、
    心の中ではよく思っていない同僚もいると思います。
    いつかそれが出てくる気がしてなりません。

  3. 僕も安心しました◎
    ずっとこのブログのファンで、たまにコメさせて頂いてますが、実は僕も今回は辞めない方がいいのかも…って、思ってたんですよ ^_^;
    ブログを拝見させて頂くと、本当 に良い上司&同僚だと思いますし、そうやって周りの方がユウキさんを大切に思って頂けるのは、やっぱりユウキさんの性格や仕事への姿勢が素晴らしくて人望があるからだと思うんですよね!
    だからきっと、今のお仕事ってユウキさんにマッチしてるんだろうなぁ~って勝手に思ってました♪ブログからもイキイキとしたユウキさんの様子が伝わってきてましたし(^_^)
    ↑勝手言ってすみません…汗
    それに、グリーンカードも分かりませんしね(^_-)-☆(笑)
    これからも色々とあるかもしれませんが、ファイトですよー
    ずっとファンの1人として応援してまっす!!

  4. まずは、決断されてよかったです。きっと、
    今まで見えなかった部分が見えて、
    大切にすべきものは何か、じっくり考えた
    いい機会だったと思います。
    ただ、厳しいことを言うと、貴殿の行動は甘いです。断片的にブログの内容から垣間見るだけですが、外資だの日本だの関係なく、人として
    コロコロ大事な節目で意見を変える方は、私は信用出来ません。
    残念でなりません。
    わざわざ海外まで出て、日本人はすぐ
    意見変えると判断されたくないし、
    同じ海外にいる人間として、日本人の
    看板を背負ってると感じて頂きたいです。
    素敵な上司に恵まれてると感じました。
    少しでも期待に応えて下さいね。
    かげながら応援してます。

  5. 批判的なご意見もありますが、紆余曲折はあったにせよ、会社側がそれでも遊己さんと共に仕事をしたいと判断したのですから、これまで通りでよいのだと思います。
    気持ちを新たにご活躍下さい!応援しています。

  6. 会社側としては、後任を探す手間も引継ぎの負担もなくなったし、良かったんじゃないでしょうか。
    ただ、ユウキさんご自身がなにをしたいのかが見えません。甘ったれてるだけだと思います。

  7. なんか精神不安定なゲイのドタバタ劇って気がする。私も同じ1983年生まれなので、自分のように感じてしまってなんだか痛々しいです。

  8. > コタロウさん
    コメントありがとうございます。
    引き留めてくれた上司や役員に恥をかかせないよう、頑張ります!
    とことんがんばるか、とことん頑張らない(辞める)かの二者択一です・・・俺の場合。
    > ももたさん
    コメントありがとうございます。
    辞めると言って辞表出したことは消せないことなので、後から「あいつが残ってよかった」と思ってもらえるよう頑張ります。
    そう思ってもらえないなら、残った意味もないですしね。。。
    > ゆういちさん
    コメントありがとうございます。
    ブログ読んでいただいていて嬉しいです。
    ブログ読んでるとわかってもらえると思うのですが、32年間けっこう好き勝手やって生きてきました。
    それでもマネージャーにしてもらったり、引き留めてもらったりしていることに感謝しなくてはいけないと思っています。
    感謝をかたちにして会社に返さないとと思っています。
    嫌なことも、もちろんあるけれど・・・。
    > kaeru33さん
    コメントありがとうございます。
    さて、どうなるでしょう。
    そもそも冷静に考えると、イギリス圏が好きであまりアメリカ圏に興味ないことに気がついた。笑

  9. > たろうさん
    コメントありがとうございます。
    厳しくも優しいコメント、ありがとうございます。
    これまで海外は長期旅行と留学とワーキングホリデーぐらいしか滞在経験なくて、今回初めての海外就労なのですが、働けば働くほど壁にぶち当たり、「俺は日本の環境が向いているんだ」と思ったのが辞表を出した一因です。
    それでも、将来性も含めて俺の仕事を評価していると熱く説得してくれた上司、役員のおかげでまだ海外で頑張ろうと思えました。
    その思いに応えられるよう、そしていつか自分が本当に帰国するときに後任も日本人がいいと会社に思ってもらえるよう、頑張ります。
    > ガクさん
    コメントありがとうございます。
    上司が以前「あなたのことをよく知らない社内の人から評価が下がるのは避けられない。もしかしたら今回の一件は、それを見返してやろうとあなたが今まで以上にエンジンをかけるきっかけとして、人生に必要だったのかもしれない」と言ってくれました。
    人生にとって意義あことだったと振り返れるよう、これから努力します。
    > けんさん
    コメントありがとうございます。
    さんざん振り回しましたね・・・今回は。
    上司たちは知っていても部下たちはほとんどまだ知らなったことが救い、というか、本当にそうやって俺が戻ってこれる環境を用意しておいてくれた上司に感謝です。
    ローカルの部下にもオープンにすると、さすがに戻ってこれないから・・・。

  10. > Ukiさん
    コメントありがとうございます。
    俺自身がやりたいこと、かぁ。多分俺は人生のいろいろな決断の根元に自分へのコンプレックスがあるんだと思います。
    だから、「マネージャー」とか「出世」とか「海外在住」とか、そういう外的な要素で自分をまとって「俺にはひとと違う価値がある」って自分で思い込もうとしているのかも。
    やめようと思ったのは、仕事で大きな壁にぶつかって、ここにいても会社に迷惑をかけるし、自分自身も自信を失ってコンプレックスが刺激される、と感じたからだったのですが・・・。
    > なおさん
    コメントありがとうございます。
    薄っぺらいと思います。
    厚みのある人間になれる予感はしないので、薄っぺらいまま生きていくんだと思います。
    いろいろ流されやすいですしね。でも、変なところだけ意地っ張りで、まぁ薄っぺらいし面倒くさい人間だと思います。
    そして、俺自身が思っているほど変わった人間でもなく、平凡な人間だと思います。
    > あっきさん
    コメントありがとうございます。
    精神不安定かな。
    もともと不眠症とか摂食障害とか精神的な病は患っていましたが、最近はそういうのは出てきてないけど・・・。
    まぁでも、意志が弱い、思い込みが激しい、コンプレックスが強いという性格が、精神疾病の原因にもなり、今回の一件を導くことにもなったのかも。
    > りょうさん
    コメントありがとうございます。
    す、すみません・・・。ネタがなくて。
    書きます。すぐに。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA