ワインボトルの高級茶買ってみた。ロイヤルブルーティー

少し前の話ですが、この前の日本帰国時にずっと気になっていたものを買いました。

それが、こちら。
ワイン?
ノーノー。ワインではありません。
紅茶です。
その名も、ロイヤルダージリンラジャデラックス。
お値段、3024円なり。
たかっ!
でも、その値段がゆえに気になっていたのです。
ロイヤルブルーティーという会社が作っていて、ワインが飲めない人にも、華やかな会食の場などでふさわしい飲み物を、というコンセプト。
キャッチコピーは「お茶の常識を覆す」。
そりゃー覆るわ。ロイヤルブルーティーのシリーズの中で一番安いボトルでもこの3024円。
ワインボトルに入っていてワイングラスで飲むという独特さ。
一部がJALのファーストクラスにも搭載されています。
俺はワインよりこのお茶のほうがうれしいなー。ワイン苦手なんで。
JALに搭載されているのは1本5000円ぐらいの価格帯のお茶ですが、このロイヤルブルーティー、一番高いやつはなんと1本30万円超えです。
おそろしかー。
30万円は買えないけど、5000円ぐらいの価格帯ならまぁ記念に買える範囲。
この紅茶以外に、鉄観音と高山茶も1本ずつ買いました。
鉄観音はその名もリアルハニー。
高山茶はフォールインラブ。
ロマンチックなネーミングやね。
こっちの2本は何か特別な時に飲むか特別な誰かに贈ろうと思って、まだ飲んでません。
飛行機に乗せて常夏のこの国まで持って帰ってきたから、味に影響出てないといいけど。
さて、そんなわけで、ダージリンのほうは日本にいるうちに飲んでみました。
ワイン苦手でワイングラスなかったから、シャンパングラスで代用。
んー、さすがの味の違い
もちろんわかりません。
味のわからない男、遊己32歳です。

興味本位で飲んでみたかっただけで、特にお茶にこだわりがあるわけでもないので。
最初こそカッコつけてシャンパングラスに注いだけど、最後はボトルから直接ラッパでゴクゴク飲んでやったわ。 
ざまーみろ。(誰に?)

すんまへん、大切に作られたお茶、こんな飲み方して。

いや、ちゃんと美味しかったです。

でも俺、何食べても何飲んでも基本的に美味しいんですよね。
除く、ワインと強い酒。

100円のお茶でも美味しいと思う俺は、やっぱりロイヤルブルーティーには不釣り合いか。
大変失礼いたしました。

でも、気になってたものを経験できて心から満足しました。

お茶にこだわりのある方、あるいは「ワインボトルの高級茶を飲む」という経験をしたい方、ぜひお試しあれ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA