空港グランドスタッフがチェックインの時にしてること

ゴールデンウィークでしたね。

みんなどこか旅行とか行ってたのかな?

こちらはゴールデンウィーク関係なく、最近はただただ忙しかった。
なので、ブログ書く暇もありませんでした。
あー疲れたよ。
仕事仕事でブログに書くこともないので、またエアラインの話でも。
空港のチェックインカウンターで航空券を出すと、グランドスタッフが何をしているか知っていますか?
座席を決めて、荷物を預かるだけ?
いやいや。
グランドスタッフはチェックインカウンターでのほんの1分から数分の時間にとてもたくさんのことを確認しています。
カタカタとシステムを叩きながら、同時進行で目の前の乗客とパスポートと航空券を見て、少なくとも次のようなことを確認しています。
航空券の名前とパスポートの名前が一致しているか。
航空券の名前と予約システム上の名前が一致しているか。
パスポートの有効期限は十分か。
パスポートの顔写真と目の前の乗客は同一人物か。
パスポートに書かれた性別と予約システム上の性別は一致しているか。
目的国に入国するためのビザなどは持っているか。
他に乗り継ぎの航空券などを持っていないか。
持っていたら、乗り継ぎの航空便までスルーでチェックインすることはできるか。
預け荷物の大きさ、重さは無料で預かれる範囲内か。
預け荷物に破損はないか。
預け荷物の中に危険物や壊れ物はないか。
機内持ち込み荷物の大きさ、重さは許容範囲内か。
機内持ち込み荷物の中に液体物や危険物はないか。
その乗客はマイレージプログラムを持っているか。
持っているなら、荷物の優先サービスやラウンジへの入室がある上位会員ではないか。
座席の割り当ては乗客の希望に沿っているか。
乗客の挙動におかしなところはないか。
これらは、最低限確認しなくてはいけない項目です。
1つでもチェックを忘れて、後で発覚しようものなら、大問題になります。
俺はチェックインなどを外部に委託している外資航空会社で勤めるレップという仕事だったので、自らチェックインすることはなくグランドスタッフ(チェックインエージェント)たちが行ったチェックインに問題がないかをチェックする立場でしたが、名前がながーい国籍の人、例えばスリランカの方とか中東の方とかが乗客にいると、パスポートの名前のスペルと航空券のスペルが少し違っていることをグランドスタッフが見逃していて、後でレポート出してもらったり、空港中お客様を探して航空券を買い直してもらったりとか、そんなこともありました。
でも、仕事を離れてみると、これだけ多くの確認事項をほぼ完ぺきにこなすグランドスタッフたちってすごいなーとも思います。
俺だったらテンパってミスるわ。笑
実際、あまりチェックインになれてないレップがたまーにチェックインするとミスを起こしたりするので、俺はよほどのVIPとかじゃない限りチェックインすることはありませんでした。
他の会社のレップがしたミスに、チェックインエージェントたちが裏で文句言っているの見たことあるしね。
「あのレップさん、自分だってミスするくせに、エージェントのミスには厳しいよね」みたいにね。恐ろしや。
まぁでも、チェックインエージェントのミスに対処することはレップの仕事なので、許してください。
と、今さら謝っとく。
俺も陰でエージェントたちにクレームされてたかもしれないからね。 
チェックインエージェントって、ほんと、プロフェッショナルな専門職だと思う。
尊敬するわ。
エアライン時代の写真を載せようと思ったけど、カウンターの写真は載せられないからキャビンで撮ったこんな写真しかない。笑
隣はパーサーです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA