やっと乗れたA380!マレーシア航空でロンドンからクアラルンプールへ

旅ログの続きです。
ってゆーか、書く順番間違えた。
マレーシア航空のクアラルンプールからマニラへのフライトについて書いたけど、その前に念願のA380の搭乗記書き忘れてた。
ロンドンからクアラルンプールです。
やっとやっとやっとやっと!
やーーーっとエアバス380に乗ります!!!
思えば、8月にはフライトの遅延で予約していたA380のフライトを乗り逃し、今回やっと乗れた念願のA380から出発直前に機材整備だからと引きずり降ろされ、とことん縁がなかったこの飛行機。
ロンドン旅を終える帰路でやっとやっと乗せていただくことがでしました。
ありがとう、380さん!
やっぱりでかい。
総2階建てですからね。
2階から直接乗り込みます。
座席はこんな感じです。
うーん。広い。
けど往路で振り替えられたカタール航空のエアバス340に比べるとなんか洗練されてない感じもする。
なんだろな。言葉にできない何となくのもっさり感。
まだいいけど。
機内散策してたら1階への階段発見!
これはこの飛行機ならでは。うれしい。
2階キャビン最前方のカウンターは、まだ出発前だったからか全然何もありませんでした。
最前方のトイレも噂通り広い。
しかし、こんな最近作られた飛行機のトイレになぜ灰皿が???
ちょいと調べたら、万一ルールに違反して喫煙された場合でも便器の中とかゴミ入れとか変なとこに捨てられて火災にならないよう、灰皿の設置は未だに義務付けられているそうです。
さて、そろそろ座席に戻ります。
マレーシア航空のウエルカムドリンクは基本的にソフトドリンク。
その後、離陸したらミールサービスが始まります。
まずは、噂に聞くサテ。
串刺しの肉に甘いピーナッツソース。
これはうまかった。
おかわりもできるし、食欲を刺激されます。
次は前菜。
実はこのフライトでは、シェフオンコールというサービスで予約段階からメインを指定していました。
なのに、メインをサーモンにしてたの忘れててうっかり前菜もサーモンにしちまった。笑
はい、メインのサーモン。
揚げてあるのはコロッケ。
味はまぁ普通かな。
デザートはチーズケーキにしました。
ハーゲンダッツもくれたけど、ごめん、食えんかった。腹一杯で。
ドリンクは日本人らしくウーロン茶がぶ飲みですよ。
缶でくれるからフライト中に10本近くあけたと思う。
しかし、食事サービスずいぶん時間かかるなぁ。
手際が悪いのかなんなのかわかりませんが、サテ出してから前菜、前菜出してからメインなど次のサービスに進むのが遅い。
待たされてる感が半端ない。
もしかして経費節減のためにクルーの人数減らしたのかな?
さらに食事後、寝ようとシートをベッドにしたのですが
シート倒したら見えるところが汚い。

そして機内誌はビリビリ。

んー。やっぱりちょいといけてない。
往路、カタール航空に振り替えてくれてありがとね、と今さらながら感謝してみたり。笑
エアバス380乗れたのはうれしいけど、サービスはほんと雲泥の差。

クルーも正直、あんま感じよくなかった。
トイレが混んでるから立って待ってる時も、反対側のトイレあいたのに、そしてそれに気づいてるのに「こちらがあきました」の一言もなくスルーだし。
まぁいいです。
最近のマレーシア航空はビジネスクラスの格安運賃連発してますもんね。
エコノミーからのアップグレードもオークション形式でやってるし。
まぁ値段相応か。
楽しみにしてたフライトで結局がっかりってオチ。
次に続きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA