指輪を預かる

一昨日にキスをした(けど、それ以上は何もしなかった)台湾人の男の子。

今日また会ったのですが、「いつか必ずまた会いに来るから。その証に大事している指輪を預けていくから」と指にしていいたアニエス・ベーの指輪を俺の指にはめてくれました。
なにこのドラマのような展開。
俺も何か預けなきゃ預けなきゃと思ったのですが車の中だったのでなにも目ぼしいものがなく、財布の中に入っていた、かつてフランスの奇跡のメダイ教会ってとこで買った御守りのメダルを預けました。
久しぶりのなんだかドキドキ。
これって出会い?
でも、台湾とここ南の島の遠距離じゃ、先がなさすぎる。
台湾と日本ぐらいならがんばれるかもしれないけどさ。
日本と南の島でもがんばれるかもしれないけど。フライト多いし。
台湾と南の島は遠いなぁ。
あぁ、南の島に住んでいることが、俺から出会いの機会を奪ってゆく。
俺。いったいいつ幸せになれるんだろうか。
今も幸せは幸せなんだけどさ。恋愛で心が乱れることもなく平和な日々が過ごせている、って意味ではね。
そろそろ心が乱れる幸せも感じたい。

4 Replies to “指輪を預かる”

  1. いつも楽しく読ませていただいております。
    台湾から南の島(僕が勘違いしてなければ)までは、中華航空とエバー航空で4時間ぐらいですから日本とあまり変わりませんよ(^-^)
    がんばってくださいね(^-^)v

  2. こんにちは、なんてロマンチックなんだー!と思ってしまいました。薬指に指輪を残していくなんて!
    うまくいったら運命的だし、そうでなくても忘れられない思い出になりそうです
    台湾の男の子、行動がイケメンすぎです

  3. コメントありがとうございます。
    確かに台北との間はエバー、チャイナ(たぶんユナイテッドも??)が飛んでるんですが、日本と違って総便数少ないし、値段も高めなんです。
    日本だと、大阪、東京、名古屋を比較すればどこかしら安かったりするんですが、台湾は台北だけですしね。
    でも、もしかしたらまた来年頭に会いにきてくれるかも。

  4. コメントありがとう!
    久しぶりにピュアにドキドキしました。
    どんなかたちになろうといい出会いでした。
    出会いの機会が少ないぶん、数少ない出会いをいい出会いにしてくれてるのかも、神様が。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA