ユナイテッド航空のゴールド取得

風邪っぴきですが、一晩してだいぶ体調回復しました。

まだ万全ではないけど。
明日は普通に仕事行けるかな。いろいろ仕事たまってるしな。
話は変わって、ユナイテッド航空の話。
南の島は旧コンチネンタル航空の流れで、コンチネンタルと合併したユナイテッド航空の天下です。
俺は経由便が好きで大韓航空やフィリピン航空を使うことが多いので残念ながらユナイテッド航空のステータスは持っていません。
が。
この度めでたくユナイテッド航空のゴールドステータスを手に入れましたー!
3ヶ月限定でね。笑
その秘密は、ステータスマッチ!
ステータスマッチというのは、ある航空会社で上位会員になっていると、他の航空会社が「うちでも上位会員のステータスあげるから、今後うちに乗り換えてね」ってタダでステータスをくれることです。
もちろん全ての航空会社がステータスマッチを受け入れているわけではないし、いろいろ条件があります。
ユナイテッド航空は、他の航空会社のステータスを出すとまずは3ヶ月間限定で上位ステータスをくれます。
その3ヶ月の間に指定された条件のフライトを利用すると、トータルで約1年間までステータスを延長してくれます。
俺の場合、まずはエアベルリンのゴールドステータスを見せてステータスマッチをリクエストしました。
しかし、なぜかユナイテッドのセキュリティー部門から「このステータスはなんか怪しいからダメ!」って返事が。。。
なんでー?
もしかしたら、このエアベルリンのゴールドステータス自体が他社からのステータスマッチで手に入れたものだからかな?
ステータスマッチ転がししてることに気づかれたか。
俺の場合は、数年前に今より容易にゴールドステータスを達成できたエーゲ航空でゴールドを手に入れ、エーゲ航空からのステータスマッチでトルコ航空ゴールドを取得、そしてトルコ航空からのステータスマッチでエアベルリンゴールドを取得しています。
しかし、今回はエアベルリンからさらにステータスを転がすことに失敗。
まぁいいや。俺には、クレジットカードで簡単に手に入れたデルタ航空のゴールドステータスがある。
なので、ユナイテッドに再度デルタ航空のゴールドステータスを見せてステータスマッチをリクエスト。
結果は
1週間後に無事承認!
よかった。
しかし、3週間以内に指定の12500PQMぶんのフライトを達成できるかは微妙。
このペースの一時帰国だとギリギリ達成できるかできないかのラインだな。
でも、達成できなくても今回ゴールドになるメリットはもう享受できたのでオーケー。
次の一時帰国の帰りのフライト。
名古屋から南の島に戻るフライト、ユナイテッドの特典航空券を予約したのですが、ユナイテッドはフライトまで20日をきっていると75ドルの手数料がかかるのですが、ゴールド会員はそれが25ドルで済むんです。
50ドル浮いたー。笑
貧乏性。
本当に自力でゴールド達成するような人たちはこれぐらいの金額気にしないんだろうか。
いや、でも、意外とそうでもないかな。
少し前に「ビジネスクラス利用者の6割が年収500万円以下」って調査結果がニュースになっていたけど、俺も含めて、中産階級の平々凡々な人間こそ、ちょっとしたステータスにこだわって他人と差別化したいと思うのかもね。
だから、本性は50ドル浮いただけでラッキーと思ってしまう貧乏性。笑
富裕層になりたいけどなれない中産階級。
いつか浮上したい。笑
えっとー、なんの話だっけ。
そういうわけで、とりあえずユナイテッド航空のゴールドになりました、はい。
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA