ユナイテッドのヘンテコビジネスクラス

前回の続き。今回の一時帰国、最後のフライトです。

ユナイテッドのB777-200で成田から南の島に戻ります。
ANAマイルをお得に使ってビジネスクラスの特典航空券を発券したことは、少し前のブログで書きました。
東京からは成田エクスプレスで成田へ。
成田エクスプレスは約3000円と高いけど、東京でゆっくりしすぎて空港向かうの遅れたので仕方なく。
でも、やっぱり人間慌てるとロクなことないね。
チェックインの締め切りまで余裕ないのに間違えて2タミで電車降りてしまった。
チェックインフロアー行ってJALのカウンターがあるの見て「しまった!ユナイテッドはスタアラだからここじゃない、1タミだっ!」と気がついた次第です。
そこから慌てて連絡バスに乗って1タミへ。
ユナイテッドのカウンターにいったらすでにビジネスクラス用のカウンターは閉められており、エコノミーのカウンターもガラガラ。
それでもチェックイン間に合ったので荷物預けてたら、隣のカウンターにいるチェックイン担当者が「リメイン2です」って言ってた。
つまり、あとチェックインしてない乗客が2人しかいないってこと。
ほぼラストになってしまったな。
確か前回もそうだったような。。。
しかしまだラウンジ入るぐらいの時間はあります。
毎度おなじみ、ユナイテッドクラブ。
ちょいつまんで時間つぶし。
酒が好きならなぁ、もっとラウンジ楽しめるのになぁ。
ゲートは固定なのかな?前回同様、ユナイテッドクラブのすぐ隣の31番ゲートから搭乗します。
もちろん座席も前回同様。
フルフラットだけど、後ろ向きシートがあるヘンテコビジネスクラス。
今回もちゃんと、後ろ向きじゃないシートを事前指定済みです。
ちなみに、ユナイテッドはステータス会員をがんがんがんがんアップグレードするので、エコノミーがあいていてもビジネスクラスはいつも満席です。
俺も過去何度かアップグレードしてもらってるのでありがたいんですが、今回みたいにちゃんと最初からビジネスクラス予約してるとなんか損した気になるね。笑
ユナイテッドのアプリでアップグレード状況みれます。
数えたら、28席のうち23席がアップグレードだった。
あ、エコノミーは空席いっぱい。
こんだけアップグレードしてもらうと「お金出してくれビジネスクラス乗ろう」って気持ちは薄くなるけど、「とにかく集中的にユナイテッド乗ってステータス会員になろう」って気にはなるかもね。
余談。
このシート、俺だと床までしっかり届かず少し足が浮いてしまいます。
だから靴もスリッパも脱いで座席の上であぐらが一番楽。
はい、機内食。
まずくはないんだけどね。
やっぱりアメリカ系の航空会社はビジネスクラス乗っても「素晴らしいサービス!」とはちょっと違うな。
ユナイテッドのキャッチフレーズ「フレンドリースカイ」だけど、まぁフレンドリーはフレンドリーです。
成田便はね。
南の島ベースのクルーが乗務してる大阪便、名古屋便は、、、放置プレー。
成田ベースのクルーが
成田ー南の島(1泊)
南の島ー名古屋(1泊)
名古屋ー南の島(1泊)
南の島ー成田
みたいなスケジュールで成田以外の日本便にも乗ってくれたらいいのに。
ともあれ、ただいま、南の島。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA