【2021年】コロナ禍のヒルトン東京宿泊(朝食)

以前の投稿から続いています。

ヒルトン東京の朝食は1階にあるマーブルラウンジ。

クリスマス仕様になっていました。

それにしてもいつも混み混みですね、ここは。

満席だったので別室のバーに案内されました。

こっちのほうが静かで落ち着いてていいじゃん。

ビュッフェ台からそんなに遠いわけでもないし。

ここもエグゼクティブラウンジと同じくビュッフェ台に触る時は手袋着用。

でもビュッフェそのものはカバーもなく並べられていました。

前にヒルトン名古屋に泊まった時は全てが小鉢にわけられ、取り分けは必ずスタッフが行っていましたが。

ヒルトン名古屋もヒルトン東京も、ヒルトン直営ホテルとして同じガイドラインに従って運営しているはずなので、今は名古屋も普通のビュッフェになっているのかな。

あの時は確か緊急事態宣言発令中でしたからね。

ホテルの朝食だと、やっぱりエッグステーションのオムレツが好きです。

味はまぁそんな変わらないけど、形とか色とか見てしまう。

他にワッフルやクレープを焼いてくれるところや、自分で焼けるところもあったりしますが、ヒルトン東京は作ってくれたやつが小さく切り分けられていました。

フレンチトースト、ワッフル、パンケーキ。

小さいので全部いけます。うまかった。

あ、スムージーもうまかったな。

ちょっと食いすぎたかも。。。

ちなみにこれはコロナ禍の特別対応かもしれませんが、朝食はルームサービスにも変更できると言われました。

今回は1泊だったのでメイン会場で食べましたが、連泊するなら2泊目はルームサービスでゆったりでもいいかもしれないですね。

以上、2021年11月のヒルトン東京宿泊記でした。

にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ

にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA