コロナワクチン接種から1日経過

1回目のコロナワクチン(ファイザー製)接種から1日経ちました。

注射自体全く痛くありませんでしたが、その後特に副作用らしい副作用も出ていません。

ただ朝起きてから、注射をされた左の二の腕に軽い筋肉痛のような痛みが出ています。

でもさほど強い痛みではなく、パソコンの前で仕事するぶんには支障は出ていません。

あとは、夜中に珍しく寝汗をかいていました。

日頃はかかないのに。

もしかしたら、多少の発熱があったのかもしれません。

でも頭痛や寝苦しさはありませんでした。

夜中にトイレに立った時もふらふらするようなことはありませんでした。

どうやら俺はかなり副作用が軽く済んだようです。

2回目の接種後のほうがきつい、という話を聞くのでまだ安心できませんが、とりあえず経過報告です。


コロナワクチンは今後、インフルエンザみたいに毎年接種をしていくことになるのかな?

強い副作用を経験した人は翌年の接種をためらうようになると思うので、まずこのパンデミックをおさめたら、その後は時間をかけて副作用の出にくいワクチンを開発していってくれたらと思います。

にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

One Reply to “コロナワクチン接種から1日経過”

  1. ちょっとした腫れや痛みってことは、インフルエンザの予防接種みたいな感じですねー!

    インフルエンザの予防接種は毎年打ってるのですが、俺は薬でアナフィラキシー症状が出たことがあるので、摂取前に医者に聞かないとなと思ってます…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA