教員免許失効してしまう

大学自体に教員免許を取った人、けっこーいると思います。

教師になるつもりなくても。

俺も、小学校教諭の一種免許状を持っています。

教育大学の教育学部に通っていたので、免許取得は卒業要件でした。

俺が教員免許を取得した時点では免許は一生ものだったのですが、その後、2009年に免許更新制度が導入されました。

原則10年ごとに更新講習を受けて更新をすることが必要になったのです。

これ、一般企業に勤めている人には難しいよなー。有給休暇取れるかもわからないしなー。

そう思い、早めに日程を確認しておこうと去年文部科学省の更新問い合わせ窓口に電話をしました。

そうしたら、、、なんと、現職の教員か、教員になる予定の人しか更新講習は受けられない、という回答をもらいました。

俺みたいに一般企業に勤めていて教員になる予定もない人は更新講習受けられない。つまり免許更新できないんだって。

とゆーわけで、今年で免許が失効しますー。

でも、これでせっかく取った免許が無効になってしまうのは悲しすぎる。

そう思って「今後履歴書には小学校教諭一種免許状取得とは書かないほうがいいんですか?」と聞いたところ「記載していただいて結構です」との回答。

え?いいの?

窓口の方いわく、将来的に教員になる際に更新講習を受ければ更新できるので「更新講習未受講」のような注意書きをして記載していい、とのことでした。

なるほどね。

まぁそれはそれでいいんですが、持ってる免許がみすみす目の前で失効するってのは、やっぱりなんとなく悲しくはありますね。

あとは興味本位で取得した秘書技能検定と前職で必要だった防火管理者・防災管理者ぐらいしか資格ないよ。

あ。TOEICと運転免許はあるけど。

また興味本位でなんか資格取ってみようかな。

にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA