2月27日(月)

今日は、実家に帰っていたので一日中父親と一緒でした。
俺と父で母親の免許更新に付き合い、その後一緒に買い物などしていたのですが・・・・・。
俺と一緒にいる時、毎回毎回父親はずーーーっと「人生訓」ってな感じの自分の考えを説いてくるんですよ。
ま、それ自体は別にいいんです。
実際に勉強になることもあるし。
ただ・・・・・同性愛についてはどうしても考えの相違が大きすぎるんですよね・・・・・。
俺の父親は、俺がゲイだということを知っています。
しかし、俺がゲイだということはどうしても受け入れられないらしいです。
これまで「カウンセリングに行って来い」「性欲を捨てるために出家しろ!」「男とのセックスがそんなにいいか?!」「誰のせいでそんなふうになった?!」などといったことを、本気で言われました。
本気でですよ。冗談じゃなくて。
そして今日は、「お前がゲイだってこと、これからは誰にも言わんほうがいいぞ。隠せ」と言ってきました・・・・・。
正面きって反論しても無駄だとわかっているので「わかったわかった。言うべき場面では言うけど、必要ない時にわざわざカミングアウトしたりはしないようにするから」と答えたのですが、父親は「誰にも言わんほうがいい」と主張し続け、しばらくひたすら押し問答・・・・・。
ついでに、俺が普段使っているバッグについても「ゲイっぽいから二度と使うな。周りにゲイだってばれるだろ」と命令してくるし。
・・・・・父親の中で、ゲイは人間じゃないわけ?
「ゲイであること」イコール「人間失格」的な発言が多いんですけど・・・・・。
父親のそんな発言を聞いていると、時々前の彼氏(上海人)を思います。
俺のことを愛してくれているのはわかるんだけど、人間として扱われていないような気がするというか・・・・・。
俺には「成功する権利」「喜ぶ権利」と同時に「失敗する権利」「悲しむ権利」もあるはずなのに、失敗すること、悲しむことは一切許されず、その人が敷いた「安定したレール」の上をただひたすら歩むことを強制されている感じ。
「俺のことを心配してるのはわかるけど、俺、人間なんです。人形じゃないんです」って言いたくなる。。。
そんなこんなが原因で前彼とは別れたけれど、父親とは一生の付き合いですからね。
たぶんこれからもずーーーっと意見の衝突が続くんだろうなぁ・・・・・。
ちなみに今日、もう一つ父親のことでビックリしたことが。
俺が以前使っていたVAIOのノートパソコン、今は父親が使っているんですよ。
ほとんどデータは消した上で父親に渡したつもりだったのですが・・・・・。
インターネットのFAVORITEだけ消し忘れていたんですよ!!!
そこには、いろいろな企業やら芸能人やらブランドやらのサイトにまじっていくつかゲイのサイトが・・・・・。
いきなり父親に「ちょっと来い」と言われたのでそばに言ってみたら、目の前のパソコン画面には総合ゲイサイトBOY JAPANが思いっきり開いてるしっ!!!
「なんだ、このサイトは?こういうサイトばっかり見ているんじゃないだろうな」とか言われましたよ。
しかも、実は同じFAVORITEの中にはこの俺のサイトも入っていたんですよね。。。
もしかして・・・・・このサイトの存在に気がついた????!
高校生の時からほんっとに好き勝手なこと書いているから、親に見られると困るんですけど。。。
今日も「もしかしたら見られているかも・・・・・・」とドキドキしながらこの日記を書いています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA