オーストラリアの銀行口座開設

今日は快晴!
そろそろきれいな下着とハンカチの数が心もとなくなってきたので昼前に起きて洗濯をし、それからランチをしにシティへ。
今日はチャイナタウンで中華を食べました。
画像1
画像1
画像1
やっぱ、シドニーは物価が高めだと思う。
エビ餃子(で、合ってるよね?Prawn Dumpling)と牛肉麺で2000円ぐらい。
この麺はrice noodleと書いてあったので勝手に春雨系を想像してたら、ボリュームのある焼きうどんみたいな感じでした。
あと、Chinese teaは茶こしみたいなのないのかね?
ガッツリ茶葉が湯のみに出るんですが。
画像1
自分の前歯を湯のみに押し当て茶こし代わりにして、茶葉を飲まないようにしました。
さて、飯を食ってからは、かつて一年を過ごしたボンダイというビーチぞいの街に行き、よくわからないチョコレートケーキを食いつつ、ANZという銀行へ。
画像1
画像1
あ、このチョコレートケーキはおねぇさんが温めすぎて溶けてます。
銀行へ行ったのは、新たにこっちの銀行口座を開くため。
画像1
とりあえず貯金は日本のUFJに入れたまま、こっちのATMでも引き出しできるインターナショナルキャッシュカードを持ってきているんですが、レート悪いし、今後お金のやり取りするのにやはり口座は要るだろう、ということで。
ANZは、8年前にも口座持ってました。
市内の支店に行くと日本人スタッフがいるから安心だよと教えられて行ったのですが、ひじょーーーに無愛想な日本人のおっさんに対応されたことを覚えています。
それに引き換えボンダイの支店のおばちゃん銀行員エマは、親切だった!
ちゃんとカウンターじゃなくてデスクで向き合って、30分くらいかけて対応してくれました。
オンラインバンキングのやり方も教えてくれたし。
しかも、「学生ビザに切り替えるつもりなんだけど、今はまだ観光ビザなんだ」と話すと、学生ということにして月額5ドルの口座維持費をタダにしてくれました。
「学生に切り替えるまでの期間も払わなくていいの?」と聞くと、しーっと内緒のそぶりをし「プレゼントよ」だって。
ありがたい!
口座維持費なしでANZのATMでの出し入れは無制限で無料だし、別に作ったオンラインバンキング用の口座と普通口座間の振替も無料だそうです。
普通口座は利息がつかないので、日本の貯金はとりあえずオンラインの口座にいれて、必要な時は普通口座に振替して引き出したら?とアドバイスもらいました。
確かに日本の口座からインターナショナルキャッシュカードでお金出すのってレートが悪いんですよね。
海外送金は高いけど、ある程度こっちに移そうかな。
ボンダイのANZのエマ!親切でオススメです。
こちらが外国人だとわかると、理解できるようにゆっくり易しく話してくれましたしね。
時々「ここまで大丈夫?理解できた?」と確認してくれるし。
あ、ちなみに日本円からオーストラリアドルへの現金の両替は、シティバンクのビルに入っているKVBという銀行を使いました。
中国系かな。
他の銀行よりレートいいし、ちゃんと親切な日本人スタッフがいるので。
あとは、日本でシティバンクの口座を作ってくるか、UFJのVisaデビットカードを作ってこればよかったなと少し後悔しています。
一時帰国する時に作ろうかな。

にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA