マイルの話(2) ANAよりエーゲ航空

前回の続き。マイルの話です。
「マイルの話(1)」
俺はスターアライアンスのマイルはエーゲ航空のマイルズアンドボーナスというマイレージプログラムに貯めています。
と、ゆーか、貯め始めたところです。
どうでもいいけど、マイルズアンドボーナスって、名前がルフトハンザのマイルズアンドモアと似てますね。
エーゲ航空は、ギリシャの航空会社です。
あまり日本での知名度は高くないですが、ギリシャのフラッグキャリア(国を代表する航空会社)だし、大手スターアライアンスにも加入している。
傘下にオリンピック航空という子会社も持っています。
エーゲ航空のエーゲはもちろんエーゲ海のエーゲ。
英語だとAegean Airlinesなので、エイジアン航空って表記されていることもあります。
ジュディ・オングの「魅せられて」の歌詞にある「Wind is blowing from the Aegean♪女は海ー♪」のエイジアンですよ。
これまで俺はできるだけキャセイのアジアマイルにマイル積算できるワンワールド系の航空会社、あるいはマイルが貯まらなくても格安の航空会社を選んできたのですが、先日名古屋からロンドンまでANAのフライトに搭乗したことで、スターアライアンス系列はどこでマイルを貯めるか考えることになりました。
そこで引っかかってきたのがエーゲ航空。
なぜかというと、先日俺が買った航空券は往復で15万円弱の割引航空券で、ANAのマイレージプログラムに積算すると、実マイルの50%しか貯まりません。
エコノミークラスの中でも予約クラスがWクラスというカテゴリー(←エコノミーもビジネスも、普通運賃から従業員用の無料航空券まで、運賃のカテゴリーを区別する予約クラスというものが存在します。会社によって違いますがエコノミーで一番高い普通運賃はYクラスが多かな。逆にOとかGクラスは低いカテゴリーに割り当てられていることが多い気がする。でも、会社によります。ANAではPクラスはビジネスクラスだけど、他の会社では格安エコノミーだったり)なのですが、ANAのマイル積算率を見ると50%と明記されています。
なのに、エーゲ航空でANAフライトのマイルを貯めると、Wクラスは100%!
自社のマイレージプログラムより、提携会社のほうが積算率がいいって、どういうシステム?!!
普通、逆でしょ。
ウェブサイトの記載からまとめると、ANAフライトに乗ってエーゲ航空に貯めたほうが特をするクラスは以下の通り。
ANAのU、H、QクラスはANAだと70%積算なのに対しエーゲ航空だと100%積算
同V、W、Sクラスは50%に対し100%
同L、Kクラスは30%に対し50%
ファーストクラスのF、Aクラスは150%に対し、なんと300%!
ビジネスクラスのJクラスは150%に対し200%
同じくビジネスのC、D、Zクラスは125%に対し200%
同じくビジネスクラスのPクラスは70%に対し200%
と、なっています。
ANAとエーゲ航空で積算率が変わらないもの、ANAのほうが積算率が高いものは省いています。
ANAに乗ると、なぜかエーゲ航空のマイルズアンドボーナスにマイル積算したほうが得なケースがあるのです。
ほんと不思議だけど。
俺の場合、ANAのマイレージプログラムなら片道でおよそ3000マイルほどしか貯まらないところ、およそ6000マイル貯まりました。
しかし、エーゲ航空のメリットはそれだけで終わらないのです!
次回に続く!

にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA