エールフランス搭乗記(バルセロナ発パリ行き)

前回の続きです。
モナークエアでバルセロナに到着後、荷物を受け取ってエールフランスにチェックインです。
乗り継ぎ時間が長くて、まだフライトまで4時間近くありましたが、自動チェックイン機でチェックインできました。
自動チェックイン機は日本語も対応。
image
その後荷物を預けるのですが、カウンターのお姉さん、ちゃんと「荷物は成田までお預かりします。成田で引き取ってください」と案内。
おー、ちゃんとわかってますね。
絶対、「名古屋まで預かれる」って誤案内するだろうなって予想していたのに。
成田から名古屋は数時間で乗り継ぎだし、同じJAL便だし、成田での乗り継ぎターミナル同じだし。
でも、お姉さんが言う通り、荷物は成田で引き取らなきゃいけないんですよね。
成田から名古屋は純粋に国内線なので、到着の税関通せるのが成田しかないので。
かつては、国際線扱いの成田ー名古屋便もありましたが、今はもうないのかな。
お姉さん、ちゃんと日本の事情がわかってる。
システムはそのまま名古屋までの荷物タグを出しちゃってたけど、違う違うってつぶやきながらちゃんと成田までにしていました。
やるねぇ。笑
そしてこのお姉さん、対応もフレンドリーだけど抜け落ちがなくて好印象。
海外のチェックインでは、これまでで一番よかったかも。
チェックイン後は、保安検査を受けて制限エリアへ。
さて、出国しますかとイミグレーションのカウンターに並んだら、、、
パリはここじゃない、下の階へ行け!と追い返されました。
下の階?
不思議に思いながら言われたままエスカレーターを降りると、、
image
アレ???
そこはもう免税店と出発ゲート。
あれ???イミグレーションは???
あ!そうか!
スペインもフランスもシェンゲン協定圏だから、スペインとフランス間の移動では出入国審査、ないんだ!
国内線感覚か。
そういえば、この出発エリア、到着エリアとミックスしてる。
ヨーロッパの他の国から到着した旅客と、これから出発する旅客が接触できる、ってこと。
これも国内線みたい。(那覇空港がそうなってますね)
さて、そんなわけで、初めてのシェンゲンに戸惑いつつ、乗りました、エールフランス。
機材はやはりA320。
image
ヨーロッパ域内線はこの機材が多いですね。
フライトタイムは約2時間。
ほんと、ヨーロッパって国と国が近いんだなぁ。
短距離路線なので、機内食はなくドリンクとお菓子だけのサービスでした。
image
座席は、非常口座席。
image
この機材の非常口座席はさほど足元が広いってことはなくて、他の座席より10 センチぐらい広いかなぁ、ってとこ。
前夜3時間ほどしか寝ていないので、短時間ですが睡眠を取り、気がつけばもうパリ。
さぁ、いよいよ悪評高きシャルルドゴールですよ!
次回に続く!

にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA