福井の旅館に1泊

最近旅行記みたいになっているこのブログですが、今回も旅先についてなのです。
ご容赦ください。
12月1日、パートナーと福井にある芦原温泉に1泊してきました。
福井駅に着いて、JRの改札が自動改札じゃなくて手もぎりなことにちょっとビックリ。
image
なんかいいね。
えちぜん鉄道にはアテンダントさんが乗っていて乗客の質問に親切にこたえてくれるし、福井の電車っていいな。
JR芦原温泉駅は福井駅から20分弱。
駅からは、旅館の人にバスで迎えに来てもらいました。
予約したのは、清風荘という宿。
ロビーと客室はこんな感じ。↓
image
image
旅館自体は新しくないと思うのですが、館内は改修されているようで、新しくて清潔感がありました。
image
image
チェックイン後は風呂より先にまず夕食。
豪華カニ三昧!!!

image
ではなく。
こっちです。笑

image
image
カニは高いしパートナーが少しアレルギーがあるので予約時に選択しなかったのに、カニがセットされているテーブルへ通されたので「???」となっていたら、案の定給仕さんの誤案内でした。
頼んだのは豆乳しゃぶしゃぶですから。
だからカニは、写真だけ。
それにしても旅館飯は量が多いね。腹いっぱい。
晩飯の後は、もちろん風呂!
この旅館を選んだのは、庭園風呂がよさげだったからなのです。
内風呂はこんな感じ。↓
image
(自分たちしか利用者がいない時間に撮影しました)
露店の庭園風呂は、夜は暗くて撮影できなかったのですが、翌日、朝風呂に行った時に撮ったのがこの写真です。

image
めーっちゃ湯気たってるからわかると思いますが、庭の池みたいな雰囲気のここが露天風呂。
福井、寒くて寒くて雪やあられが降るぐらいだったので、湯気の量が半端ありませんでした。
幻想的で、十二分に庭園風呂を楽しめた。
でも、ちょっと気になったのは、この風呂、位置的に一部の客室の窓からのぞき放題なような・・・。
女風呂のほうにはちゃんと屋根が付いているんですよ。

image
男の庭園風呂だけのぞき放題か。
俺らの客室は離れていたので確認はしていないけど、上を見上げたら近くに客室の窓が見えたので、向うからも簡単に下を見下ろせると思います。
別に他人に裸見られても全然いいけど、できれば見る側にたちたいね。笑
さっきちらっと書きましたが、この日は寒波が日本を襲っており、福井など日本海側はかなりの冷え込みでした。
雨と風がひどくてほとんど出歩けなかったのですが(JRが運転を見合わせるほど)、おかげで今年初の雪をみれました。
旅先での雪は悪くないね。
客室とか、温かいところの窓から見ている間はね。
激サムかったけど、雨と雪の合間をねらい、旅館から徒歩5分のえちぜん鉄道あわら湯のまち駅の前にある足湯にだけは行ってきました。
無料です。
image
タオルを持参していなかったので、300円で購入しました。
image
この施設もきれで清潔で、かなり新しそうだな。
image
image
無料だしWiFiも飛んでるし、家の近くにこんな足湯があったらいいな。
温泉場の人ってうらやましい。
福井はこれまで何回か来ていますが、芦原温泉に泊まったのは初めてでした。
街はそれほど温泉街って雰囲気ではありませんが、旅館はきれいでよかったです。
ま、俺は落ちぶれた温泉街の「バブル期には流行っていたであろう」でかいけど古い旅館も好きだけどね。
哀愁が漂っていて。
以上、福井旅行記でした。

にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA