おじの葬儀

日本におります。

おじの葬儀のために一時帰国。
大好きだったおばあちゃん(母方)が亡くなったのが6年前の7月4日。
その息子であるおじさんが亡くなったのが7月6日。
どうか2人が天国で安らかに眠っていますように。
おじさんのおい、めいの中で葬儀に来ていたのは俺だけでした。
妹は仕事があるのでお通夜にだけ出たそう。
俺の両親は共働きで、しかも母親はちょうど俺が小さい頃に免許取るため教習所に通っていたので、小さい頃は亡くなった祖母のうちによく預けられていました。
その祖母、県民住宅に住んでいたのですが、その取り壊しによっておじさんと同居を始めたので、それからはおじさんの家にちょこちょこ行くようになりました。
それまでのように頻繁に泊まりはしなかったけど、おじ、おばの中ではやはり一番思い入れのある人です。
ガテン系の仕事してて、幼稚園か小学校低学年の頃に、運転してるショベルカーに乗せてもらったこともあるな。
なので、どうしても葬儀は来たかったのです。
飛行機がセントレアに着いてから家で着替え、葬儀場に直行してギリギリ焼香に間に合いました。
おじさん、ほんと、どうか安らかに。
余談ですが、祖母の葬儀以来着ていなかった礼服。
ウエストのホックがしまりませんでした。。。
やばい、この6年でそれだけ肥えたってことか。
ホック開けたままベルトでごまかしました。
痩せるのには時間がかかるので、もう俺に喪服を着る機会を与えないでください。
神様、よろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA