日本のホッチキスとアメリカのホッチキス

日本のホッチキスとアメリカのホッチキス。

なんで単なるホッチキスがこんなにでかいんだ。
日本の厚紙用のでかいホッチキスほどのパワーはありません。
普通のホッチキスよりは多少強いかも。
あ、ホッチキスは英語じゃないです。一応。
確か、商品名なんですよね。バンドエイドと一緒だね。
英語ではステープラー。
ホッチキスの針はステープル。
俺はこのアメリカのでかいステープラーは好きじゃありません。
なので、デスクには自分用の日本のホッチキスを常備しています。
使いにくい文房具って、毎日だと軽いストレスだから。
はい、それだけです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA