マニラから深夜便で帰ります

さて、人生で初めて飛行機に乗り遅れるというトラブルから始まった今回の旅行記もいよいよ最後。

マニラで仮眠していたホテルから空港に向かいます。
今回、初めてUberを使いました。
マニラのタクシーはぼったくりやチップの交渉が多くてめんどくさくて。
小さなお札用意しておかないと、お釣りないとかいってくれなかったりするし。
そんなわけで、マニラでタクシーより安心と評判のUberを使ってみました。
ドライバーから電話かかってくる場合があるらしいので、フィリピンで使える電話がないと厳しいかも。
俺は到着時にフィリピンのSIMを買ってSIMフリーのiPhoneに入れていたので大丈夫。
iPhoneのアプリで配車リクエストします。
ドライバーの顔写真や車種、ナンバー、目安の運賃が表示されるので安心。
およその配車目安時間も表示されますが、2分といいながら20分かかったので、そこはあんま信頼できないかも。
しびれを切らしてこちらから電話したら「もうすぐ着くからとにかく待ってて」と言われ、ホテルのエントランスで20分待機。
マニラ、暑いんだよ。
最初から本当の待ち時間表示してくれたら、ロビーで待ってたのに。
まぁしかし乗車後は、チップをせびられることもなく、安心して乗れました。
夜のマニラは特にタクシーも怖いので、Uber、ありだと思います。
さて、フィリピン航空のチェックインカウンターへ向かいます。
マニラでは、G島便は中東便と同じカウンターでした。
またこれがみんな荷物多くて並ぶんだ。
座席は、ほぼ満席らしく非常口はすでにいっぱい。
隣が埋まっている窓側席を確保するのがやっとでした。
機材は小型の中の大型、A321。
見ての通り座席にモニターはありませんが、スマホの専用アプリで機内エンターテイメントを楽しめるというおもしろいシステムがありました。
前にフィリピン航空乗った時はなかったのに。
アプリの名前はmyPAL Player。
あらかじめアプリをダウンロードしておくと、離陸後、機内Wi-Fiにつないで映画や雑誌などが楽しめます。
しかも機内アナウンスが流れるとちゃんと映画が中断する。
うまくできてるね。
今時ほとんどの人がスマホかタブレット持ってるから、周知さえきちんとすれば、このシステムはいいと思う。
画期的。
あ、そうだ。あとフィリピン航空では、エコノミークラスを予約した後、オークション形式でビジネスクラスへのアップグレードに入札できる制度もありました。
マレーシア航空とか他の航空会社でもやってるみたいですね。
最近の流行り?
G島とマニラ間の場合は片道最低160ドルから入札できて、他の人より高い金額を入札すれば、ビジネスクラスにアップグレードしてもらえます。
俺も試しに最低の160ドルで入札してみました。
結果は無事、最低金額でもアップグレード当選。
しかし、まさかの、俺が登録したクレジットカードが、フィリピン航空からの課金を拒否したため、結局アップグレードされずエコノミーになってしまった。
このクレジットカード、かなりセキュリティが厳しくて、海外からの課金だとほぼ間違いなくストップされます。
その後電話で「本当にあなたが使った支払いですか?」って聞いてくるんだけど、俺、旅の間はSIMカード抜いて現地のSIMに入れ替えていたので電話がつながらなかったのだろう。
しかし、意外と最低金額の入札でもいけるとわかっただけでもおもしろかった。
機内食食って少し寝たら、G島に到着。
はい、ただいま。

次の旅行記は10月です。たぶん。
リベンジロンドン。


にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA