いよいよロンドンへ。カタール航空ビジネスクラスでドーハからロンドン

旅ログの続きです。

いよいよドーハからロンドン。乗り継ぎ乗り継ぎしてきましたが、最後のフライトです。
世界一に輝いたカタール航空ビジネスクラス。
クアラルンプールからドーハまでのフライトが最高だったので楽しみです。
クアラルンプールからドーハはA340でしたが、ドーハからロンドンはB777です。
シートはやはりフルフラット。
B777は大好きな飛行機なのですが、座席はA340のほうが良かったかな。
こっちも全然いいのですが、A340に比べると少し古いのかな?って印象でした。
座席は通路側で隣に人が座っていましたが、最前列窓側から2席続けて空いていたのでクルーに「変わっていい?」と聞いたら「もちろん」ということなので、隣が空席の窓側に移らせてもらいました。
前のフライトでは座席の後ろにセットされていたペットボトルの水は、このフライトでは手元に隠れてました。

ウェルカムドリンク。シャンパンとかいきたいけど、機上は特にすぐ酔うのでおとなしくオレンジジュース。
離陸に先立ち、短いアラビア語の音声アナウンスが流れます。
アラビア語わかんないけど、フライトの無事を願うお祈りだと思われる。
あぁ、中東って感じでテンションあがる。異文化。
機内食は前のフライト同様、好きな時に好きなものをどうぞ方式。
前のフライトでもその後ドーハのラウンジでも朝食食ったけど、また朝食もらいます。
前菜のサーモンうまい。
オムレツはまぁケチャップの味だよね。
このフライトは残念ながらウーロン茶がなかった。
アイスティーを作ってもらいました。ほんとはホットティーしかないらしいけど。
ちなみにこのフライトで担当してくれたのは、カタコトで日本語話せるタイ人の女の子クルー。
美人だし、愛想いいし、タイミングも完璧。
前のフライトのクルーが素晴らしいすぎたのでその子と比べると特別書くことはないけど、いいサービスをしてくれました。
さて、食事終わったらベッドセットして寝ましょう。
他のどの乗客より先におやすみモードの俺。
みんなはこれが最初のフライトか、乗り継ぎしてても2、3便めでしょ?
俺はもう乗り継ぎ乗り継ぎ4便めでヘトヘトなの。笑
窓の外は中東っぽい渇いた大地。
では、おやすみなさい。
てなわけで、数時間ぐっすり寝たら、目が覚めました。
またタイミングよくクルーが気づいて「何か食べます?」と声かけてくれます。
腹一杯なので、デザートだけ。
窓の外はイギリスらしくなってきました。
いよいよ。やっとロンドンに着陸!
着いたーーっ!
ドアサイドでクルーが「フライトどうでしたか?」と聞いてきたので「ほんとはマレーシア航空に乗るはずだったんだけど、振り替えになってよかった。サービスよくてビックリした」と答えたら、担当してくれたタイ人クルーとそばにいた韓国人クルーが「そう言ってくれると思ってたのー。私たちのサービス、いいでしょ?」と冗談で笑います。
サービスは冗談抜きで最高でした。
さて、やっとロンドンに降り立ちました。
隣には、俺が引きずり降ろされたマレーシア航空のA380が。笑
まぁいいや。引きずり降ろしてくれたおかげでいい経験できたし。
しかし、俺の受難はまだ続く。
次に続きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA