コッツウォルズで村々をまわってきた

旅ログの続きです。

ロンドンは以前に短期留学していたので、ロンドン塔とかグリニッジとか大英博物館とか有名どころは観光済み。
せっかくロンドンにもどってきたんだから、行ったことないところにも行きたい。
とゆーことで、今回はコッツウォルズに行ってみることにしました。
マイバスという日本の会社のバスツアーですよ。
案内係さんも参加者もみんな日本人。
ちなみに申し込み書には「日本語アシスタントは観光のご案内などはいたしかねます」って書いてあったから点呼とか集合時間の案内だけしてくれるのかな、と思ったらバスの中でけっこうがっつりガイドしてくれてました。
今回はコッツウォルズの村を4つまわるツアーですよ。
まず最初は、バイブリー。
のんびりしたちっこい村。
ロンドンから3-4時間だったかな。
それでもすごく不動産高いって言ってた、アシスタントさん。
はい、次行きますよ。
次はボートン オン ザ ウォーター。
バイブリーよりでかい。
川のそばののんびりした村。
いつもはもっと観光客がいるんですよーって言っていたけど、歩いているのはのんびり犬の散歩してる地元の人ばかりでした。
どうでもいいけど、さっむいぜ。
自由行動だったので適当な店でフィッシュ&チップスのランチ。
この村はフォトショで修正しなくてもなんとか載せられるような奇跡的自撮りがたくさん撮れた。笑
パワースポットなのかな?笑
はい、それでは次。
次はストウ オン ザ ウォルド。
教会しか印象にない。
教会の中。
こっちの背景の建物はタウンホールだったかな。
あ、ご存知だと思いますが、最近の俺のブログは自撮り盛りだくさんでお届けしております。笑
はい、そしていよいよ最後の村。
チッピングカムデン。
ちょい疲れてきたのでカフェでのんびりホットチョコレート。
はい、そんなわけで丸一日かけたコッツウォルズの旅から帰ってきました。
感想をまとめましょう。
めちゃくちゃつまらんかった。笑
いやー退屈だった退屈だった。
別にコッツウォルズが悪いわけじゃなくて、俺には合わなかったってだけだけどね。
なぜ俺にはコッツウォルズが退屈だったのか。
まず、そもそも俺、アメリカのはずれのはずれの田舎に住んでて「都会に出たい!」ってロンドン旅行に来たのに、またロンドンの田舎に来たのが間違いだった。
そして、イギリスに少し長く滞在していた頃、ロンドン離れてイングランドの田舎町に住んでたこともあるからあんまコッツウォルズと雰囲気が変わらなかった。
ってわけで、コッツウォルズツアーを選んだ俺がそもそもおかしかったのです。
自撮りはたくさんできたよ。笑
ブライトン行けばよかったなー。
ま、いいや。
「でも楽しかったです」って綺麗事で締めれないほど退屈だったのだよーん。笑
次に続きます。

3 Replies to “コッツウォルズで村々をまわってきた”

  1. ※制限文字数オーバーの模様なので、2回に分けて送信します。スミマセンm(__)m
    SOHOの次はガラッと雰囲気を変えて、コッツウォルズですね(^○^)
    私は年イチで母と一緒にイギリスに旅行に行くのですが(2週間程)、行く度にコッツウォルズの小さな街を訪れてます。
    マイバスは良く宣伝を見るので知っていますが、現地ツアーに滞在しないのがポリシーなので(笑)、毎回かなり不便な思いをしつつも自力で頑張っています。
    ツアーだと効率良く何か所も回れるので、とっても合理的でお得なのは分かっているのですが、そこは敢えて自分で!と。
    バイブリーはこの前の4月に行ったばかりです。なんせ自力なので、電車+バスの乗り継ぎ・乗り継ぎでしたし、バスの関係で現地に滞在出来たのは50分くらいでした。
    遊己さんもご存じの通り、小さいトコだったので、一通り見る事は出来ましたけど、もう少し滞在したかったですね(○´д`A)
    ちなみにロンドン~スウィンドン(電車)、スウィンドン~サイレンセスター(バス)、サイレンセスター~バイブリー(バス)という行程で、それこそ丸1日かかっちゃいました。
    運転は出来るんですけど、どうにも海外での運転は怖くて、公共交通機関に頼らざるを得ないんです(-_-。)

  2. ボートン・オン・ザ・ウォーター、ストウ・オン・ザ・ ウォルド、チッピングカムデンも以前、それぞれ別々に訪れましたけど、まあ確かに特筆すべき事は無い場所ですよね(^^;)
    ボートンが一番大きいですかね。私が行った時は中国人だらけでした。
    そして、さぞかしコッツウォルズを満喫されたのかと思いきや、最後のまさかの感想に可笑しくて吹き出してしまいました(* >ω<)=3 プー そうか、コッツウォルズは遊己さんに合いませんでしたか(笑)。 私は結構好きなんですけどね(だからこそ、毎年どこかしらのコッツウォルズを訪れているワケですが)。こればかりは好みの問題ですよね。 ブライトンはコッツウォルズとは全然雰囲気が違うので、こちらの方が楽しめたかもしれませんね。 色々な小さいお店も沢山あるし、学生さんも多くて賑やかですし。 まあ、こちらは又の機会に‥というコトで。 続き、楽しみにしています!( /^ω^)/

  3. コメントありがとうございます!返信遅くなりすみません。
    コッツウォルズは二度とリピないです、俺は。笑
    好きな人がいるのももちろんわかるけど。
    田舎に住んでると都会が恋しくなるんですよー。
    香港とか台北とか人が多くてごちゃっとした街が好きなのに、何を間違えて田舎のリゾート地に流れ着いてしまったのだろう。
    人生ってわからないものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA