プサン慰安婦少女像と自撮り。

前回の続きです。
毎月恒例、一時帰国。笑
今回は、大韓航空でプサン経由です。
しかもプサンで6時間弱も乗り継ぎ時間が。
到着動線なのにX線探知機が、、、なぜ?
乗り継ぎで出発階に行くための保安検査じゃなくて、普通の到着動線だからね。
飛行機乗ってきてここで鳴っちゃったらまずいよね。
スタッフ誰もいなかったから置いてあるだけかな。
さて、プサンの空港で乗り継ぎの場合、観光案内所でクーポンブックとお金の入ったsuicaみたいな交通ICカードをもらえると聞いていました。
それで街に出るつもりだったんだけど、実際は早朝すぎて観光案内所しまってた。
がーん。
仕方ないから自分で電車のチケット買うんだけど、これがなぜか、日本語おしても英語おしてもすぐ韓国語に戻ってしまうエラーをおこしてて、目的地のチケット買うのにかなり戸惑った。
駅とかもかなり英語表記、日本語表記されてるけど、やっぱり韓国語がわからないから不安になる。
全く読めない文字って落ち着かないね。
台湾や香港、マカオなんかは、読めなくても漢字表記だからなんとなく「東に路って漢字の付いた駅だな」とか判断できるけど、ハングルはそれができないからねぇ。
たぶん外国人が日本来た時も日本語表記に同じ不安をおぼえてるんだろなぁ。
まだまだ日本も日本語だけの表記、日本語だけのアナウンス多いしね。
あと、プサンの地下鉄、トイレが構内になくて焦った!
危うく悲劇が起きるとこだった。笑
日本の地下鉄って改札の中にトイレあると思うんだけど、プサンは逆で改札の外でした。
乗り換え中にトイレ行きたくなったから、仕方なく一度改札出ましたよ。
数百円をけちって悲劇をおこしたら大変だからね。
さて、苦労しつつなんとか到着したのがここ。
日本領事館がある駅です。
何をみにきたかわかりますよね?
この右の塀が日本領事館。そして黄色い防寒着の警察官の前にいるのが
いま、プサンで最もホットで
いま、プサンで最も有名な
この少女
えぇ、最近ニュースを賑わしているプサン日本領事館前の慰安婦少女像ですね。
このブログで政治のことをつらつら書くつもりはないので、少女像や日韓関係について思うことについてはノーコメント。
とりあえず、せっかくプサンきたのだから、最近一番ホットな話題の場所に行き自撮りしたかった。
それだけでござんす。
撮っちゃった。笑
ちなみに、その場にいたのは警察官だけ。警察官の白けた目線に耐えながら自撮り。
途中、韓国人でも日本人でもないアジア人のおじさんがタクシーで乗り付けてきて写真撮ってました。
てか、警察官に無理やり頼んで撮らせてた。
この若い警察官、先輩に「撮っていいんですかね?」的な質問をしてダメって断られたっぽいんだけど、先輩が遠くまで歩いていった後、おじさんの押しの強さに負けて撮らされてた。
そのことについてもノーコメントです。
若いイケメンだったということだけ記録しておきましょう。
プサン観光、少女像だけです。
寒かったから少女像近くのカフェでバニララテ飲んで
さて空港戻りますよ。
カフェの店員さんは日本語で接客してくれました。
次回に続きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA