大韓航空でプサンから名古屋へ

前回の続きです。

プサンでの乗り継ぎ。
さて、大韓航空の名古屋便に乗りますよ。
空港思ってたより小さいな。
とりあえず、毎度おなじみプライオリティーパスでラウンジへ。
プサンでは大韓航空とアシアナ両方入れるので、はしごします。
まず、アシアナのラウンジ。
中もあんま広くないなぁ。
ドリンクだけ少し飲んで退室。
次は大韓航空のラウンジ。
アシアナと似たような規模。
フードが少しでもあっただけアシアナよりいいかも。
韓国第2位の規模の都市なのに、、、と思ったけど、日本でも成田のラウンジは素晴らしくても関西や名古屋のラウンジは大したことなかったりするもんな。
仕方ないか。
さて、では搭乗しますよ。
機材はB737-900。
これがさぁ。
シートモニターない。シートピッチ狭い。
南の島からプサンまでのB737-800は同じような機材でもシートピッチ広くてモニター付いてたのにー。
韓国、日本路線なんて国内線ぐらいの距離だから仕方ないのかなぁ。
朝鮮半島から日本海へ。
国内線レベルの距離で機内食も出ます。
さ、あっという間に名古屋到着。
帰ってきたーと感じさせてくれるセントレアブルーの搭乗橋。
次回に続きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA