虚栄のゴールドステータス

この前少しステータスの話をしました。

旅行記のたびにスタアラゴールドだマリオットゴールドだなんだと書いてますが、平均的給与(散財してるから貯金は平均を下回る)で、たいてい飛行機はエコノミークラス、ホテルは最安値客室予約の俺がなんでステータスを持てるのか。
今回は俺がステータス所持にいたった経緯を紹介します。
まぁね、そもそもの前提として。
前回も書いた通り、ステータスにこだわるのって、社会的、経済的に本当の意味でハイステータスな立場にいないからだと思うんですよ。
あくまで俺自身の話、ですが。
日ごろは平々凡々な中流人生。
でも、ゴールドステータス持ってるとね、空港、飛行機、ホテルの中だけでは特別扱いしてくれるの。それがうれしいの。それ以外のところでは特別扱いされてないから。
お金かけて航空会社のゴールドステータス獲得を目指すいわゆる「修行」ってのをしてる人たくさんいますが、ゴールド手に入れても、金銭的な意味でのモトってなかなか取れないと思う。
空港でラウンジ入れるって言ったって、たいていのラウンジの価値なんかせいぜい数千円だと思います。
好きなドリンク飲めるって言ってもさー、ファミレスのドリンクバーって数百円ですよね。
フードだって、1000円ちょっとのランチブッフェに遠く及ばないし。
俺はアルコール飲まないし。
預けた荷物が早く出てくるっていっても、たいていハンドキャリーだけで旅するし。
航空会社でビジネスクラスへのアップグレードなんて、たまにしかないし。
まぁホテルの客室アップグレードは頻繁にしてもらえるから確かにうれしいけど。
要するに、得られる具体的メリットより、なんちゃってハイステータス感がほしくてステータスを求めちゃうんですよね。俺はね。
では、それを踏まえて、社会的にハイステータスじゃない俺がどうやって各社のゴールドを獲得したのか。
今回はそのご紹介です。
まずは航空会社。
今持っているのは、
トルコ航空・ゴールド(スターアライアンス・ゴールド)
3ヶ月限定ユナイテッド航空・ゴールド(スターアライアンス・ゴールド)
エアベルリン・ゴールド(ワンワールド・サファイア)
デルタ航空・ゴールド(スカイチーム・ゴールド)です。
全ての始まりはエーゲ航空から。
2014年11月24日にルール改定されてしまったのですが、それまでは比較的簡単にゴールドがもらえたエーゲ航空で滑り込みギリギリ、2014年11月22日にゴールドを獲得しました。
これはちゃんと自力ね。詳細はこちら→https://yukinoblog.site/archives/52073899.html
エーゲ航空は、今はもう期限がきれて一般会員に落ちてしまいましたが、そこからは棚ぼたステータスマッチ転がしです。
ステータスマッチというのは、この前も書きましたが、ある航空会社で上位会員になってると他の航空会社でも「うちでも上位会員にしてあげるから、うちに乗りかえてね」って上位会員をくれるシステムです。
エーゲ航空からのステータスマッチでトルコ航空・ゴールドを取得。
で、そのトルコ航空からのステータスマッチでエアベルリン・ゴールドを取得。
どっちも今年半ばに期限きれてしまうけど。
デルタ航空・ゴールドは、提携のアメックスカードを持つことで誰でもなれます。有名ですね。
俺もそのクレジットカードのおかげでゴールド獲得。
で、ユナイテッドはそのデルタ航空からのステータスマッチで3ヶ月限定ゴールドになってます。
3ヶ月以降、延長できるかはこの3ヶ月間の利用状況次第。
はい、以上、航空会社編でした。
次はホテル編。
これもクレジットカードとステータスマッチ様様です。
はい、持っているのは
ヒルトン・ゴールド
SPG(シェラトンとかウェスティンとか)・ゴールド
マリオット・ゴールド
ハイアット・プラチナ
です。
全てのもとは、まぐれ?で承認されたアメックスのプラチナカード。
一応アメリカの端っこに住んでいるので、日本ではなくアメリカのアメックスです。
アメリカのアメプラ(アメックス・プラチナカード)は日本よりも地位が低いと思う。
招待制じゃないし、年会費450ドルだし(日本だと15万近い)。
だから俺も承認されたわけです。
特典も少し日本のアメプラと違うんですが、だいたいは一緒。
このカード持ってると、ヒルトンのゴールドとSPGのゴールドは特典としてもらえます。
このふたつはそれで獲得。
ちなみにステータスではないけど、空港ラウンジに入れるプライオリティパスもこのカードの特典でもらいました。
で、マリオットはそこから棚ぼた。
SPGがマリオットに買収されたおかげで、移行措置としてSPGゴールド会員はマリオットのゴールド会員にもなれることになったんです!
この流れでマリオットゴールドになった人、世の中にとても多いと思う。
逆にマリオットのゴールド会員もSPGゴールドになれるけど、マリオットのほうが明らかにゴールドになるハードル高かったので。
最後にハイアット。
これは、航空会社と同じで他のホテル会員プログラムからのステータスマッチやってたんです。
なので、SPGゴールドからマッチしてプラチナ。
でも全然使わないまま今月末で期限切れ。
とゆーわけで、自力でフライトやホテルを利用して獲得したステータスは、今は失ってしまったエーゲ航空ゴールドだけでしたね。
これが俺のステータス転がしの全容です。
あーいつか社会的に本当のハイステータスホルダーになりたいものよ。
なんの予定も計画も目処も覚悟も度胸も野心もないけど。
まぁぬるーく生きていければいっか。

2 Replies to “虚栄のゴールドステータス”

  1. 全てのマイル修行僧にみてもたいた記事。
    そこが本質よね、みんなほんとのハイクラスでは全然ない、って事。ビックリマンシール集めて自己満なだけ。
    と思いながら冷めた目でマイラーを見てます

  2. まぁ趣味ですよね。
    趣味で、自分はエセステータスホルダーって理解してればいいんじゃないんですかね。
    俺は本当にハイステータスだって勘違いしてグランドスタッフやクルーを見下してる人は痛いけど。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA