北朝鮮の挑発を受けて。島の状況

大きなニュースになっているのでみんな知っているかと思います。

北朝鮮が8日付の声明で、この島をミサイルで包囲射撃する作戦を検討している、と威嚇しました。
アメリカのトランプ大統領は、そのような脅迫をすれば北朝鮮が「炎と怒り」に直面することになる、と応答しました。
ちなみに去年にも金正恩はこの島を地球上から消し去る、という発言をしています。
個人的には、さほどの心配はしていません。
北朝鮮の標的になっているということで言えば日本も韓国もそうだし、距離的なことや、攻撃後に北朝鮮が受けるであろうアメリカからの報復のレベルを考えれば、日本よりこの島のほうが危険、ということはないと考えます。
それに、テロや戦争で死ぬリスクより、日常の中で交通事故で死ぬリスクのほうがはるかに高いだろうし。
北朝鮮にとって、アメリカの空軍基地と海軍基地があるこの島が目障りなのは間違いないでしょうけどね。
実際日本も第二次世界大戦中にこの島から飛び立ったB29による空襲に苦しんでいますし。
この北朝鮮の発言を受けて、今日の島がどういった状況かさらりと報告します。
基本的に街中はいたって通常です。平和。
みんな青空のもとでお買い物や食事、ビーチアクティビティなどを楽しんでいます、今日も。
[画像:696ddad9-s.jpg]

急に青空が消えてちょっと激しすぎるスコールはありましたけどね。
ただ地元民の間では北朝鮮のことが話題になっているし、ニュースでも大きく取り上げられています。
ガバナー(知事)がすぐに、島はしっかり防衛されており、安全を確保しているという声明を出しました。
そして住民に、冷静に行動するよう呼びかけています。
住民はおよそ冷静ですが、フィリピン人など他の国からの移住者が多いため、母国から心配の電話などがかかってきている人は多そうです。
教会からも次のような声明が出されたとニュースになっています。
あぁキリスト教国のアメリカだな、と再認識しました。
“Please pray that the Holy Spirit will instill in the leaders of our country and all nations the virtues of wisdom and understanding to promote peace rather than war.”
(どうか祈ってください。聖霊たちが、我が国のリーダーと全ての国のリーダーたちに、戦争よりも平和を得るための知恵と理解の美徳を与えてくださるように。) 


トランプ大統領にもチクリと皮肉をいれた声明だな。
トランプ大統領にも平和のための理解と知恵が足りない、って前提だよね、これ。


総じて、島は今のところ平常通りの雰囲気を保っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA