家族からの餞別

今日は、留学前の挨拶ってことで実家に帰り、家族でお好み焼きを食べに行ってきました。
画像1
父母、おばあちゃん、妹と俺。
家族5人そろうのは久しぶり。
父母にはある程度の報告はしていたのですが、おばあちゃんと妹にはどこの国に行くかも伝えていなかったので、自分の想いと今のところの計画を報告しました。
すると、、、
ま、まさかの、おばあちゃんの手元に握られた白い封筒。
なんと、まさかの、お餞別を用意してくれていたのです。
両親からは5万円と500オーストラリアドル、おばあちゃんからは10万円、妹からは5千円をもらってしまいました。
画像1
び、ビックリだよ。
俺、もう三十路だし、家族は俺が会社辞めること反対してたし、甘えるつもりなかったのに。
いや、実際父親も「いっさい経済的な援助はしない」って言ってたんですよ。
いつもはあれこれ口出ししてくる父親も、今回は「金を出さんぶん、口も出さん」というスタンスだったのです。
それを、まさか出発間近に餞別をくれるなんて。
家族、ありがたい。
このお金は、ないと思って、本当に困った時までとっておこうと思います。
シティバンクかどこかの口座作って入れておこうかな。
家族に感謝!
そして、結局つい甘えてしまう自分に喝!!!

にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA