7. アイルランドで1泊

前回までの続きです。
「1. エールフランスと交渉」
「2. エールフランス搭乗記1(羽田-パリ)」
「3. エールフランス搭乗記2(羽田-パリ)」
「4. エールフランス搭乗記3(パリ-バルセロナ)」
「5. スカンジナビア航空搭乗記1(バルセロナ-コペンハーゲン)」
「6. スカンジナビア航空搭乗記2(コペンハーゲン-ダブリン)」
到着しました、ダブリン。
アイルランドの首都。
名古屋の中部国際空港から始まり、羽田、パリ、バルセロナ、コペンハーゲンと乗り継いできた旅も、いったんここでひと休み。
最終目的地はイギリスですが、ダブリンではホテルで1泊します。
さて、羽田出発時から懸念だった荷物はちゃんと出てくるか。。。
以前、名古屋から成田、デュッセルドルフ、ロンドンと乗り継いだ時は荷物が未着となってしまいましたが。。。
今回は、念のため1泊ぶんの下着類は機内持ち込みしていますが、やはり未着は避けたいところ。
ダブリン到着後、恐る恐るターンテーブルで待っていると、、、
きたーーーっ!
なんと、一番最初に俺の荷物が出てきましたっ!
無事に俺と同じく飛行機を乗り換え乗り換えし、ダブリンまで来てくれたっ!
バルセロナかコペンハーゲンに残ってしまうのでは、という心配も杞憂に終わりました。
誰よりも早く荷物を手に空港ターミナルを後にします。
JALさん、エールフランスさん、スカンジナビア航空さん、ありがとう!
さて、荷物の心配もはれ、あとはホテルでゆっくりするだけ。
空港から近いBewleys hotel Dublin airportというところを1泊予約しています。
空港からシャトルバスで10分ほど。
着きましたー。
image
なかなかキレイなホテルだね。
疲れたので体が糖分を欲している。(←疲れていなくても欲しているけど)
ラウンジで、チーズケーキで糖分補給。
image
テーブルもソファも、俺にはでかすぎる。
image
その後は、部屋でシャワーを浴びて、そっこー寝入りました。
image
よっぽど疲れていたんだな。
ちなみに、朝起きたら枕に小さな血痕ができていたんだけど、鼻血?よだれ?吐血っ?!
体をチェックしてもどこも出血していないし、不明です。
口内の出血が多いので、よだれの可能性が高いな。。。
さて、ダブリンのホテルで朝を迎えたら、空港に戻りいよいよ最後のフライト。
ライアンエアーでイギリスのリーズに向かいます。
次回に続きます。

にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA