カメラの話

以前壊れたと報告したカメラ。

https://yukinoblog.site/archives/52161997.html

しばらく前に修理から帰ってきました。
(背景はこのカメラ不在中に活躍してくれたコンデジたち)
修理、なかなか大変だった。
このカメラ、買ったのはアメリカのアマゾンからでした。(一応俺が住んでるここはアメリカの一部なので)
買ってから届くまでとーーーっても時間がかかったんですが、どうやら税関で開披検査されていたようなんですね。
税関通ったってことから分かる通り、買ったのはアメリカのアマゾンだけど実際はアメリカ外から送られてきたんです。
住所みたらトルコからでした。
カメラ自体は韓国のSAMSUNGのものだからアメリカから発送されようがトルコから発送されようが問題ないんですが、それが今回修理にいろいろ手間がかかる原因となってしまいました。
まず修理の窓口は誰なのか。
韓国のSAMSUNGなのか、アメリカのSAMSUNGなのか、トルコのSAMSUNGなのか、アメリカのアマゾンなのか、トルコの販売業者なのか。
まずトルコの販売業者にメッセージしたら、アマゾンかSAMSUNGに相談しろ、と言われました。
まぁまだ買ったばかりで保証付いてるし、とりあえずメーカーに連絡してみるか。
ってことで、アメリカのSAMSUNGに電話。
ちなみにこの島にはSAMSUNGのお店はないので、アメリカ本土のカスタマーサービスに電話します。
そうしたら、アマゾンのレシートさえ出せばちゃんと保証内で修理できるよ、との回答。
しかし問題は、このカメラがアメリカで販売されているバージョンとトルコで販売されているバージョンで微妙に違う、ってところです。
アメリカのSAMSUNGはアメリカで売られている製品しか知らないので、トルコ版のモデル番号言っても「商品がわからない」って言われてしまいました。
レンズ付け直してみたり、全てデータ消してリセットしたり、カスタマーサービスのアドバイスに従ってあれこれ試みるもレンズのフォーカスが合わないという不具合は解決せず。
やっとやっと「どの製品かわからないけど、まぁアメリカのどれかの製品には近いだろうから、とりあえず送って」と言われ、商品を修理センターに出すことになりました。
修理センターってゆーか、指定の外部修理業者のようでしたが。
保証内だけど、送る送料はこちらもち。3000-4000円ぐらいだったかな。
アメリカ本土に送ったから。
しばらくしたら、レンズのファームウェアが最新じゃなかったから最新に更新したとかそんな修理明細をつけて返送されてきました。
長かったー!電話でのやりとり5回ぐらいしたし、もちろん英語だし、販売業者(家電屋さん?カメラ屋さん?)は「関わりたくない」って空気出してくるし、めんどくさかった。
結果的にはちゃんと直してもらえたのでよかったですけどね。
「あんまりひとが持ってない変わったカメラがほしい」と思ってSAMSUNGのミラーレス買った結果、思わぬ手間がかかってしまいました。
それでも、カメラ自体にはとても満足しています。
技術なくても背景きれいにボケるし。
もっとしっかり写真の撮り方学びたいなぁ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA